テニス、スマッシュを確実に決めるコツ5選を紹介!!

スマッシュ

こんにちは!テニスの魅力を日々お届け!Tennis Windsです。

『ロブを上げられたら身構えてしまう』
『女性だとスマッシュは厳しいのではないか』
『スマッシュのミスが多い』

そのような方向けの記事です。

スマッシュはサーブと違い、相手のスピン、フラット、スライス、高さ、打点も毎回違うので、特に難易度の高いショットです。逆にこのショットが入るようになると今までの決め球ミスが全て加点になり、あなたのテニスのレベルが別の世界へと進む可能性が高いです。

これは冗談ではなく、それほどの実力アップと言って過言でありません。今回はそんなスマッシュを決めるためのコツを5つお伝えします。

必ずコンチネンタルグリップで

まずは一番基礎から行きます。グリップはコンチネンタルグリップにしてください。

特に軟式テニスをされていた方や、初心者でイースタングリップを覚えてしまった方も、ここは矯正してください。このグリップであれば、相手のどのショットにも対応でき、自分自身もスピン、フラット、スライスを打ち分けることができます。ここは死守です。

フェデラー、ナダル、ジョコビッチ、マレー、ほかプロ選手もスマッシュはほぼコンチネンタルグリップです。

横向きの体制で

スマッシュの正確無比さが半端ないフェデラーのスマッシュの瞬間を見てみましょう。

体の細いプリスコバ選手のスマッシュを見てみましょう。

どちらも横向きで、ボールを打ち切るまで横向きのままです。

サーブと同じ原理ですが、前向きに構えてしまうとフラット、スピン、スライスの打ち分けができません。また、手打ちになるので故障をしやすくなります。

横向きであればちょっとした体の向きを変えるだけで左右に打ち分けられ、コントロールが安定します。スマッシュは強烈なショットを打たなくても、コースが安定すれば充分決まるショットです。そのためにも横向きを保ちましょう。

横向きを作り出すコツは、ボールが飛んできたらボールの少し左(左利きの方は右)に体を移動させることです。こうすれば正面からボールを打てなくなるので、横向き体制を自分で矯正することができます。

打点を指差す

打点を指差して打点との距離感を利き腕と反対の手でしっかり確認しましょう。打点は指を指した延長線上にあります。逆に言えばその指差した所の打点を持っていけるように体を移動させる癖をつけると、自分のベストポジションに足を動かす癖ができるので、フットワークの面でも大切な行為です。

関連記事:ダブルス初心者必見!これでテニス・前衛の基本が全て分かる!

とにかくコンパクトに!!

スマッシュでミスが多い、苦手な人、特に女性やシニアの方に多い傾向です。

スマッシュは当然決め球ですが、『一番フルスイングする球』ではないです。非力な方ほど力を入れてスマッシュを打つ傾向があります。ただ、ラケットの進化もあり、スマッシュは力を入れずにベストな打点ができれば十分に決まるショットです。

力を入れてスマッシュを打つよ3つのデメリットがあります。

①構えも大振りになるので、振り遅れが増える。
②一番大切なフットワークが疎かになりがち
③体に無理を強いるので怪我しやすい。

とにかくコンパクトに構えて、コンパクトに打つ、これがスマッシュです。

そのためには、ラケットの引き方を特に注意してください。ラケットを回すのではなく、弓を引くようにそのまま自分の顔の横を通して最短ルートで構えるようにしてください。

サーブと違って自分のリズムでボールは打てないので、いかに素早く構えるか、これがコンパクトスイングで大切なポイントになってきます。

ネット前のどんなチャンスボールも力みは禁物です。それでもったいないミスをした苦い経験をお持ちな方も少なくないはず。

プロネーション

少し専門用語になりますが、テニスでとても大切な手首のスナップの動かし方です。

図のように野球のスナップと同じように手首を曲げる動きです。

スマッシュでこれを行えるとラケットヘッドの動きがとても安定します。スマッシュをよりスイートスポットに当てやすくなり、力強いショットを打てます。野球の遠投と同じ動きなので、ピッチャーの投げ方も見てみてくださいね。

ロブを打たせたら勝ちというメンタリティ

そして、スマッシュを決める時にこのような考えがよぎることがありませんか?

『このチャンスボールをミスしたらどうしよう』

これを

『ロブを打たせたら俺、私の勝ちだ』

という思考に変えていきましょう。

ベイビーステップの体力お化けの神田久志選手の名言で『くそ度胸』という言葉があります。基礎的な持ち方、打ち方、フットワーク、練習ができたら、最後はこれです。

『くそ度胸』

ベイビーステップご興味ある方、是非読んで見てください。くそ面白いです。
メンタリティをより向上させる記事として「プロから学ぶ、テニスのメンタル克服方法5つ」もございますので、併せてご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ただボールを打ちおろすショットにも、これだけの動作、考え、フットワーク、両腕のバランスなど、多種多様な技術が必要になります。

それだけまだまだあなたに伸び代があるのです。正しいフォームをきっちり理解したら、あとは自分にとって楽に一番力が入る打点を探し、ひたすら反復練習あるのみ!

Tennis Windsでは、『テニス🎾に関わる全ての人々をより幸せに』の理念の元、発信を続けています。是非、他の記事にも遊びに来てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました