テニス、ガチで上手い有名人・芸能人8名を厳選紹介!

コラム

こんにちは!テニスの魅力を日々お届け!Tennis Windsです。

『テニス上手い有名人が知りたい』
『可愛いくてテニスが上手いとかヤバイ』
『かっこよくてテニスが上手いとか、、かっけええ』

という方向けの記事です。

現役プロ、元プロ選手を除く、テニス強者の有名人を一覧で紹介します。より芸能界、そしてテニス豆知識、に詳しくなる記事となっています。

佐藤朱

アイドル×テニスといえばこの方。あかりんこと佐藤朱さんです。

テニス姿、可愛いです。

実績もかなりのもので、高校時代は宮城県代表としてシングルスインターハイに出場しています。詳しく見てみると、高校2年生の時に県大会準優勝の記録が残っていました。決勝戦は第1シードの選手に6-8で惜敗。

これは、宮城県テニス協会の公式サイトに掲載されていました。佐藤選手、バリバリのシード選手でした。勝ち上がり方は、

1回戦2回戦3回戦4回戦5回戦6回戦準々決勝準決勝決勝
bye6-06-06-06-16-18-68-66-8
1回戦はシード選手なので免除

約330人のトーナメン トで2位です。

ふっつうーにヤバイです。あと、本名なんだ、と思いました。笑

工藤阿須加

俳優×テニスで有名な実力者は、工藤阿須加でさん。お父さんはあのプロ野球選手の工藤公康です。工藤阿須加も父親譲りの強肩なようで、炎の体育会TVではそのサーブの強さに、錦織圭もリアルに焦っていました。

彼は元プロ志望の方でしたが、過酷なトレーニングで何度も怪我をしてしまい、プロの道を断念。俳優として活動することにしました。

しかし、今までやってきたテニスが、俳優としての仕事にも生きました。代表的なのは、炎の体育会TVや、ルーズベルトゲーム、でしょうか。

苦しい学生時代だったと思いますが、彼もテニスを続けてきて本当に良かった、ときっと思っているのではないでしょうか。

島田晴香

佐藤朱に続く、アイドル×テニスで有名なのが、島田晴香さんです。

高校時代は静岡県の学校のテニス部主将で、静岡県大会個人ベスト4という成績です。全国大会出場クラスの実力者です。

そのキャリアを生かして佐藤朱と共に、テニスイベントにも出演されました。

その2人のペアは、西岡良仁と添田豪、2人共世界ランキングTOP60に入った日本歴代屈指の名選手です。

関連記事:日本男子テニス、歴史が動いた優勝シーンが詳細に分かる記事!

杉村太蔵

元国会議員×テニスでしかもキャラが濃すぎる杉村太蔵氏ですが、相当な実力者です。

彼はなんと高校国体ダブルス王者です。国体で優勝した選手はプロ入りする人も多い、というレベルの大会です。特に、彼のスライスの安定感は、アラフォーの今でも超一流。生涯において彼の大きな武器になるのだろうと思います。炎の体育会TVの最後の挑戦者として選ばれ、錦織圭からは「ボスキャラが出てきた」というコメントまで出ていました。

織田裕二

今や国民的俳優の1人の、織田裕二さん。彼も本気でテニス漬けの学生生活を送っていました。ただ、トレーニング過多よる膝の故障でテニスを諦めざるを得ない状況になりました。当時は自殺も考えていたと聞きます。どれだけ本気でテニスに取り組まれていたかが分かります。思いとどまってくれて、本人にとっても、日本国民にとっても、本当に良かったと思います。

樋口好未

女優×テニス、最強はこの方ではないでしょうか。九州の超テニス名門校、柳川高校出身で、高校時代は全国No.3。青山学院大学に進学後はインカレベスト4、海外遠征にも参加。本来プロ入りしてもおかしくないレベルです。そして、この美貌。天は二物を与えました。

石黒賢

俳優、石黒賢も一時期、本気でプロを目指していた方です。

今ではテニス専門誌にコラムを書いたり、テニス中継で番組ナビゲーターを行ったりと大活躍です。

前述の織田裕二さんとの親交も深く、何と言っても父親が元プロテニスプレイヤーの石黒修。全日本選手権シングルス3度の優勝、全豪オープン3回戦、デビスカップ日本監督、と日本テニス界の大黒柱として長きに渡り活躍し続けた名選手、名監督です。

里田まい

最後はソフトテニス部に所属していた里田まい。彼女は高校時代ソフトテニス部の部長を務め、北海道2位、全国大会出場経験のある、相当な実力者です。他にも乗馬や、フットサルなども得意とされており、運動神経抜群です。

そんな彼女は、野球選手の田中将大投手と結婚されました。

2人の出会いは、番組の共演をきっかけにとの事でした。

うらやm・・・ではなく、お幸せに!

まとめ

いかがでしょうか。テニスの得意な有名人・芸能人を8人紹介いたしました。

このように、経歴を見ると、皆凄いテニス選手でびっくりです。今目の前に写っているタレントさん、身近な友人も、もしかすると何か凄い実績を持っているのかもしれません。

また、彼ら、彼女らから思うのは、何か1つの事に真剣に取り組んだ人は、他の世界でも生きてくるのだと思います。是非、その1つの事、テニスで取り組んでみてはいかがでしょうか?ここまで読んで下さり、ありがとうございました。

Tennis Windsでは、『テニス🎾に関わる全ての人々をより幸せに』の理念の元、発信を続けています。是非、他の記事にも遊びに来てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました