【東京版】女性・テニス超名門高校をプロOGも含めて一覧で紹介!!

コラム

こんにちは!テニスの魅力を日々お届け!Tennis Windsです。

『将来プロを目指している、娘をプロにしたい』
『一流大学・就職の道も考えている』
『テニスに携わって生きる選択肢が欲しい』

そのような方向けの記事です。

テニスに力を入れたいけど、勉強が疎かになるのが怖い。。ありますよね。今回は、テニスが強く、進学実績もしっかりした東京、首都圏の高校を厳選して紹介します。将来を笑って過ごすためにも、周りの人との接点や、環境を自ら切り開いていきましょう!

将来の目指すべき学校として、参考にして頂ければと思います。凄まじい実績を持つOGも紹介します。

富士見丘高校(東京・渋谷区)

東京都渋谷区の高校。
学校理念は『グローバル・コンピテンシーを育てる』

英語教育に力を入れており、学業の偏差値も高いです。そして、スポーツの実績も抜群です。
世界的に通用する人材教育に力を入れる、中高一貫の文武両道の進学校です。

近年では東京都大会団体4位入賞を果たしています。
輩出されたプロも凄まじい実績を誇っています。全国チャンピオンが2人います。

小畑沙織

世界最高の舞台で戦い続けた、日本テニス史に名を残す名プレイヤー。
・全日本選手権優勝。
・世界ランキングシングルス39位を達成
・グランドスラム3回戦進出

江口美沙

・全日本選手権優勝
・グランドスラム本戦出場

大成高校(東京都・三鷹市)

読み方はオオナリではなく、タイセイ。東京都三鷹市にある、様々な路線からアクセス可能な、立地も抜群の学校。

1888年創設と非常に歴史の長い学校です。学校の名前に込められた言葉は『大器晩成』
時代の変化に対応でき、活躍し続ける人材を育てる理念を掲げられています。

そんな大成高校もテニス強豪校です。平成31年度は東京都大会3位、関東大会ベスト8を成し遂げました。女子テニス部の合言葉は『チームワーク』『元気』

小堀桃子

・日本ランキング6位
・世界ランキング226位
・全日本選手権 混合ダブルス優勝

関連記事:可愛い、強い!・・・魅力的な選手だらけ!日本女子テニス界10人を紹介!

日大三高(東京都・町田市)

都内高校団体の上位シード常連校。名前の通り、日本大学の付属校です。

教育方針は「明正強」の3文字。創立から80年以上変わらない考え方です。現在ではそれを学校は、「明確に正義を貫く強い意志」と捉えています。

部活動に対する考え方は、人間形成に大切なこと。
テニス部は毎年のように都大会上位に勝ち進んでいます、

OGの活躍も目覚ましく、世界ツアーで実績を残しているプロまでいらっしゃいます。

青山修子

早稲田大学進学後、世界的に大活躍している選手。
・ウィンブルドン ダブルスベスト4
・全仏オープン ダブルスベスト8
・WTAツアー ダブルス9回優勝
・全日本ダブルスランキング1位 達成

湘南工科大学附属高校(神奈川)

1961年に設立された神奈川が誇る日本屈指のテニス強豪校。男女共学で、男子も全国TOPクラス。

学校の理念は『夢を育てる、個性を伸ばす』。緑のグラウンドに囲まれた白い校舎に、近代的なテラス。スポーツ、学業、そして技術者、様々な個性を生かす教育方針で運営されている。

近年の成績は関東大会ベスト4、全国大会ベスト16。全国大会常連校です。

杉山愛

神奈川最強OGと言えば、この方、杉山愛選手。
現在はコメンテーターや、タレントなど、マルチに活躍されている伝説のテニスプレイヤー。
・世界ランキング、シングルス8位、ダブルス1位。
・4大大会シングルスベスト8、ダブルス優勝。

穂積絵莉

・WTA世界ツアー ダブルス優勝
・全日本選手権優勝
・全仏オープンダブルス準優勝

早稲田実業高校(東京都・国分寺市)

小学校、中学、高校の一貫校。勉学は勿論、様々な分野で素晴らしい卒業生を輩出している高校。教育方針は『去華就実』。華やかではなく、実を取る、実業の精神を養う高校です。

テニス部も常に東京都1位を争う超強豪校。令和元年度団体戦は全国制覇を達成しました。
勉学に励み、在部中に実力を上げるなど、テニスで生きるか、就職するか、様々な選択肢を持てます。

桑田寛子

・世界ランキング150位
・全日本選手権優勝
・WTAツアー ダブルス準優勝

関連記事:学から輩出されている世界レベルのトッププロテニス選手を7名紹介!!

まとめ

首都圏内の伝統あるテニス強豪校を紹介しました。

このような学校は、スポーツ推薦による入学生も勿論いらっしゃいますが、学力で入学し、部内で腕を磨いてレギュラーの座を勝ち取る人もいます。

学力優先で、テニスも出来る範囲で本気で打ち込みたい、そのような生徒にもこれらの学校は環境を用意してくれています。早稲田や慶応クラスでも受験入学した上で、レギュラー入りも十分に可能性があります。

勉学は人生を生き抜くために必須だと思います。これからの時代は今まで以上に女性も社会に貢献していける時代です。悔いのない学生生活を送るためにも、自分に合った学校と出会えることを、心よりお祈りしています。

Tennis Windsでは、『テニス🎾に関わる全ての人々をより幸せに』の理念の元、発信を続けています。是非、他の記事にも遊びに来てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました