【入門編】テニス、フォアハンドストロークとは?初心者に分かりやすく解説

ストローク

こんにちは!テニスの魅力を日々お届け!Tennis Windsです。

これからテニスを始める方、テニスを始めたての方が、気持ちよくテニスを継続頂けるよう、

フォアハンドストロークの基礎知識について詳しくお伝え致します。

間違えた知識を身につけたまま、悪いフォームや考え方で癖ができないよう、ご活用ください。

フォアハンドストロークとは

フォアハンドストロークは、自分の利き手サイドでワンバウンドしたボールを打つ打ち方です。

一般的には、片手でボールを打つ選手がほとんどですが、両手で打つ選手もいます。両手で打つ場合でも、自分の利き手サイドで打つボールは、フォアハンドストロークになります。

利き手サイドのボレーであれば、フォアボレーと言います。

フォアハンドストロークは、テニスを始められた方の多くが最初に覚えるショットで、日々の練習で最も打つ回数が多くなるショットです。

片手・両手のメリット・デメリット

片手フォアハンドと両手フォアハンドのメリット・デメリットをお伝えします。

■片手フォアハンド
メリット
・強打しやすい、高い打点が打ちやすい
・リーチが長くなる
・バックハンドとの役割が明確化しやすい

デメリット
・手打ちになると怪我しやすい
・腕の負担が大きくなる
・体幹が弱いとショットが安定しにくい

■両手フォアハンド
メリット
・両手で打つ分、腕の負担が分散されるので怪我しにくい
・腕を固定して打てるので、手打ちにならずに済む
・非力な方でも強いボールを打ち返しやすい

デメリット
・両手で握る分、リーチが短くなる
・強打しにくい・高い打点が打ちにくい
・バックハンドとの兼ね合いでグリップの握り方に工夫が必要

これらのメリット、デメリットにより、

男性のほとんどが片手フォア
女性も基本片手フォアの方が多いが、たまに両手フォアを選択する方もいる、

といった所です。

自分に合った打ち方を試してみてください。

最も強く打てる打点

ズバリ、腰の打点です。

高い打点や、低い打点の打ちやすいフォームの説明を後の項目で説明致しますが、どの打ち方も最も力が入りやすいのは、

『腰の打点』

です。

浅いボールも、深いボールも高いボールも、

足を動かして、腰の打点で打てる位置に動けるように、初心者の内は努力すると上達しやすいです。

足を沢山動かすことで、足腰も強くなり、更に楽にボールを打つことができるようになります。

フォアハンドの怪我

フォアハンドストロークは、打った瞬間は腕と打点が見えるので、腕に力を入れると強く打てると誤解しがちです。

腕には、あまり力を入れないようにしてください。

体の回転に腕が自然と付いてくる動きを意識してください。
(顔まで回転させると打点がブレてしまうので、顔はしっかり残すことです)

最初は中々上手く打てないと思います。でも、そうなっても腕で力を出そうとしないように気をつけてください。

腕力に頼ると、テニス肘という長引く怪我と付き合うことになってしまいます。

この怪我をしてしまうと、折角テニスにチャレンジして頂いたのに、痛みでモチベーションが下がってしまうケースがあります。(我流でテニスを始めた初心者の方が必ず直面する問題です)

痛みが少しでも出たら、無理をせず、腕・肘周りをマッサージをして、休養しましょう。

テニス肘について詳しく述べた記事がこちらの『【徹底的に結論を出します】テニス肘になったら、病院に行くべきなのか?』です。併せてご覧ください。

ストレートアーム、ダブルベンド

この項目は片手フォアハンドを選ばれる方用です。両手フォアを選択される方は次へ読み飛ばして頂いて問題ありません。

片手のフォアハンドにも、2種類の打ち方が存在します。

ストレートアーム

これは、ボールを打つ瞬間に腕が伸びる打ち方をする方法です

ストレートアームのロジャー・フェデラー

メリット
・肘を伸ばして打つので、慣れると打点が安定する
・ゆったりでも遠心力を利用した力強いショットが打てる
・腕を伸ばすのでリーチが長くなる
・低い打点に強い
・フォームがかっこいい

デメリット
・筋力がないと厳しい(腕の負担が)
・高い打点に弱い

このメリット・デメリットで、ストレートアームは、男性プレイヤーでたまにいる、くらいです。

一般プレイヤーでストレートアームを使いこなしている選手は、強打者であることが多いです。

ほとんどのプレイヤー(特に女性)は肘を曲げる、次に紹介するダブルヘンドの打ち方になります。

ダブルベンド

こちらは、肘を曲げる打ち方です。ポピュラーなのはこちらの打ち方です。

ダブルベントの錦織圭

メリット
・非力な方でもしっかり打てる
・高い打点も強打できる
・体に近いからスピンをかけやすい

デメリット
・強打はストレートアームよりしにくい
・肘を曲げた分、リーチが短くなる

ストレートアームは、筋力もセンスもある程度要求されるため、

初心者の方はある程度上達し、体も出来上がるまでは、全員ダブルベンドで問題ないかと思います。

まとめ

テニスのフォアハンドストロークの基礎をお伝え致しました。

世界のトッププロも、初心者の方も、まずはフォアハンドストロークを安定させることから始まります。

この記事の基礎知識を踏まえて、怪我なく練習し続ければ、必ず楽しく上達していくことができるでしょう。応援しています。

Tennis Windsでは、『テニス🎾に関わる全ての人々をより幸せに』の理念の元、発信を続けています。是非、他の記事にも遊びに来てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました