【超豆知識】ロペス率の多いテニス界!スペインテニスの『ロペス集団』をご存知ですか?

プロテニス

こんにちは!テニスの魅力を日々お届け!Tennis Windsです。

『ロペスそんなに多いのか』
『テニス雑学を知りたい!』

そのような方向けの記事です。
テニス界にはロペスという名のトッププレイヤーが数多くいます。今回はロペス特集です。

プロテニスを詳しく知りたい方、今日から使えるスポーツ雑学ネタとして、ご覧ください。

フェリシアーノ・ロペス

テニス界でロペスという名を聞いたら最初に思い浮かぶ選手は、フェリシアーノ・ロペス選手でしょう。

プロフィール

生年月日1981年9月2日
身長188cm
利き腕
国籍スペイン🇪🇸
プレイスタイルサーブ&ボレーヤー

現役イケメンテニスプレイヤーを挙げる時にほぼ名が出てくるプレイヤーです。

トッププロで左利き片手バックハンドのプレイヤーはとても珍しく、ロペスはその中でもスライスを多用する選手です。

このスライスがまたキレッキレで、対戦相手は攻撃できずに攻めあぐねる場面が多く見られます。

芝が得意

サーブが非常に強力で、且つスライスを得意としているだけあり、芝コートが最も得意です。下記の主な成績からも良くお分かり頂けると思います。

大会成績
2005年 ウィンブルドンシングルス ベスト8
2008年 ウィンブルドンシングルス ベスト8
2011年 ウィンブルドンシングルス ベスト8
2015年 全米オープンシングルス ベスト8
4大大会成績

スペインのテニスプレイヤーはクレーのコート環境が整っているので、クレーコーターが多いのです。

が、ロペスは珍しく芝コートが得意なスペインテニスプレイヤーです。

ちなみに7回ツアー優勝をしています。その内4回が芝サーフェスです。

他にも芝が得意だということが良く分かるデータがあります。2019年8月時点までの各サーフェスのコート成績です。

ハード264勝255敗勝率50.9
クレー126勝131敗勝率49.0
81勝43敗勝率65.3

ロペスは生涯で1万本近い、歴代トップクラスのサービスエース数を誇ります。ビッグサーバーは芝で有利と言われますが、ロペスも例外なく当てはまっていますね。

勝負強さ

フェリシアーノ・ロペスは勝負強い選手です。

普段のテニスを拝見していても、最後まで気合いとパフォーマンスが落ちない選手だと感じています。

実際、最後の勝負を決めるセット(ファイナルセットと呼びます)の成績の良さは下記をご覧頂けると分かりやすいです。

生涯成績(2019年8月時点)482勝 441敗勝率52.2%
ファイナルセット成績182勝 145敗勝率55.7
5セット目の成績
24勝 11敗  
勝率68.6

よりプレッシャーのかかる場面でのメンタルの強さが伺えます。

ギジェルモ・ガルシア・ロペス

スペインにはもう1名シングルスのロペス、トッププロ選手がいます。

ギジェルモ・ガルシア・ロペス選手です。昔、フェリシアーノロペス選手との世紀のロペス対決が実現したことがあります。

彼はフェリシアーノとは逆にストローカータイプのクレーコートを得意とする人物です。

生年月日1983年6月4日
身長185cm
利き腕
出身スペイン🇪🇸
プレイスタイルカウンターパンチャー

更に成績を紹介します!

ツアー優勝シングルス5回
大会成績
2014年 全仏オープンシングルス 4回戦
2015年 全豪オープンシングルス 4回戦
2016年 全米オープンダブルス 準優勝

シングルスサーフェス別成績

ハード132勝181敗勝率42.2%
クレー135勝138敗勝率49.5%
29勝31敗勝率48.3%

芝は試合数そのものが少ないので、あまり参考になりませんが、ハードコートよりクレーコートが得意なことが分かります。

勝率50%切っていると思われる方もいらっしゃると思います。

ただ、世界のほんの一握りの選手しか参加できないツアー大会で勝率50%近いのは本当に凄いことです。錦織選手で感覚が麻痺してるだけです。

マルク・ロペス

同じくスペイン、マルク・ロペス選手です。彼はシングルスではなく、ダブルスのスペシャリストとして大活躍しています。

プロテニスの世界はシングルスに注目がいきがちですが、ダブルスの世界でもトップに加われば莫大な賞金を獲得することができるのです。

生年月日1982年7月31日
身長175cm
利き腕
出身地スペイン🇪🇸
シングルス23勝 31敗ツアー優勝なし
ダブルス306勝 229敗ツアー優勝14回

獲得賞金額約4.5億円

ほとんどダブルスで成績を残していることが分かります。ダブルスはシングルスより賞金はやや低く、ペアだから半分に分けます。それでも賞金のみで数億円を稼いでいます。

ダブルスに特化して成績を見ます。

大会成績
2014年
全仏、全米オープン
ダブルス準優勝
2016年 全仏オープンダブルス優勝
2016年 オリンピックダブルス金メダル
2017年 全米オープンダブルス準優勝

彼は身長175cmと、日本人と近い体格で、これだけの成績を残しています。

ダブルスの試合をご覧なられるときは、是非彼の試合を見ると参考になると思います。

また画像で一緒に写っている、「ラファエル・ナダルのダブルス」も詳しく分かる記事を乗せていますので、ご覧ください。

まとめ

今回は一風変わった『ロペス』特集をしてみました。

テニスに詳しくない方でも、へえーこんな選手いるんだ、と思えて頂けたらと幸いです。

Tennis Windsでは、『テニス🎾に関わる全ての人々をより幸せに』の理念の元、発信を続けています。是非、他の記事にも遊びに来てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました