『テニス of 神』フェデラーの色々なランクを5つご紹介!

プロテニス

こんにちは!テニスの魅力を日々お届け!Tennis Windsです。

『フェデラーが残している偉業を詳しく知りたい』
『なんでこんなにランキング高いの?』
『フェデラー好き!』

そのような方向けの記事です。

今回はフェデラー特集です。世界ランキング1位を記録したフェデラーですが、フェデラーには色々と凄い順位にランク入りしたものがございます。見ていきましょう。(2019年8月時点での数字を参考にします)

サービスエース数ランキング

サービスエース数の歴代ランキング(引退選手全てを含む)はどうでしょう!見ていきます。

順位名前国籍身長エース数(本)
1位イボ・カルロビッチ*クロアチア🇭🇷21113,502
2位ジョン・イズナー*アメリカ🇺🇸20811,691
3位ロジャー・フェデラー*スイス🇨🇭18511,150
4位ゴラン・イバニセビッチクロアチア🇭🇷19310,131
5位フェリシアーノ・ロペス*スペイン🇪🇸1889,444
6位アンディ・ロディックアメリカ🇺🇸1889,068
7位ピート・サンプラスアメリカ🇺🇸1858,713
8位イバン・リュビチッチクロアチア🇭🇷1938,121
9位サム・クエリー*アメリカ🇺🇸1987,963
10位リシャール・クライチェクオランダ🇳🇱1967,648

*は現役選手

アメリカとクロアチアにはビッグサーバー専用養成所でもあるのでしょうか。笑

かなりの偏りですね。フェデラーは試合数が多いとはいえ、歴代で4人しか達成していない1万本超えを達成しています。とんでもないビッグサーバーです。

セカンドサーブランキング

セカンドサーブを打った時のポイント獲得率歴代ランキングはどうでしょうか!

順位名前国籍獲得率(%)
1位ラファエル・ナダルスペイン🇪🇸57.44
2位ロジャー・フェデラースイス🇨🇭56.88
3位ジョン・イズナーアメリカ🇺🇸56.11
4位アンディ・ロディックアメリカ🇺🇸55.95
5位ノバク・ジョコビッチセルビア🇷🇸55.50
6位ミロシュ・ラオニッチカナダ🇨🇦55.07
7位ワイン・アーサーオーストラリア🇦🇺54.63
8位ファン・カルロス・フェレーロスペイン🇪🇸54.22
9位アンドレ・アガシアメリカ🇺🇸53.98
10位フィリップ・コールシュライバードイツ🇩🇪53.91

これもなんと2位にランクインしています。サービスエース数と、顔ぶれが全然違いますね。

セカンドサーブでは基本的にエースは取れません。リターン側から打ち込まれる事だってあります。

この数字はサーブを打った次のショットの対処が上手い人ランキングに近そうです。

そして、ナダル、1位。。ナダルはサービスエース数はトップ選手の中では低い方です。ジョコビッチがランク外であることが意外です。

サービスキープ率

順位名前国籍キープ率(%)
1位イボ・カルロビッチクロアチア🇭🇷92.1
2位ジョン・イズナーアメリカ🇺🇸91.7
3位ミロシュ・ラオニッチカナダ🇨🇦91.1
4位アンディ・ロディックアメリカ🇺🇸90.1
5位ロジャー・フェデラースイス🇨🇭88.9
6位ピート・サンプラスアメリカ🇺🇸88.8
7位ワイン・アーサーオーストラリア🇦🇺88.2
8位ニック・キリオスオーストラリア🇦🇺87.9
9位リシャール・クライチェクオランダ🇳🇱87.2
10位ジョー・ウィルフリード・ツォンガフランス🇫🇷87.1

90%を超える4人は、ビッグサーバーとして超有名な選手です。フェデラーはビッグサーバーと呼ばれることは少ないですが、数字を見るとウルトラビッグサーバーです。キープ率だとキリオスも相当凄い。

関連記事:【驚愕!?】年収、経歴、フェデラーが達成した記録がいかにエゲツないか、数字で解説

では、この10人の中でリターンゲームでのリターンゲーム取得率をランキングで見ていきましょう。

リターンゲーム取得率

順位名前キープ率(%)
1位ロジャー・フェデラー27
2位ピート・サンプラス24
3位リシャール・クライチェク21
4位アンディ・ロディック20
4位ジョー・ウィルフリード・ツォンガ20
6位ニック・キリオス16
6位ミロシュ・ラオニッチ16
8位ワイン・アーサー10
8位ジョン・イズナー10
10位イボ・カルロビッチ9
*小数点までのデータが無かったため、小数点なしで記載しています。

フェデラーはリターンも上手いビッグサーバーということが分かります。

この10人の中でダントツの1位。そしてサーブアンドボレーヤーであるサンプラスが2位です。

サンプラスはリターン能力も高かったのです。サーブスタッツだとBIG4の3人が出てこないのは意外でした。

しかし、これらのフェデラーの数字を総合的に見ると、一体どうやったら勝てるのか、レベルです。

他ランキング

では、最後は王道のランキングポイントの記録を見ていきます。

世界ランキング1位在位期間

順位名前在位期間(週間)
1位ロジャー・フェデラー310
2位ピート・サンプラス286
3位イワン・レンドル270
4位ジミー・コナーズ268
5位ノバク・ジョコビッチ266
6位ラファエル・ナダル196
7位ジョン・マッケンロー170
8位ビヨン・ボルグ109
9位アンドレ・アガシ101
10位レイトン・ヒューイット80

フェデラーはほぼ6年間1位に在籍しています。

このとんでもない記録もジョコビッチが抜く可能性が出てきています。フェデラー、ナダル、ジョコビッチで合わせて15年間1位を独占しています。同じ世代の選手が不憫でなりません。

世界ランキング1位連続在位期間

順位名前       在位期間(週間)
1位ロジャー・フェデラー237
2位ジミー・コナーズ160
3位イワン・レンドル157
4位ノバク・ジョコビッチ122
5位ピート・サンプラス102
6位レイトン・ヒューイット75
7位ジョン・マッケンロー58
8位ラファエル・ナダル56
9位アンドレ・アガシ52
10位ビヨン・ボルグ46

こちらはナダルもジョコビッチも流石に抜けないと思われる、男子歴代ダントツの記録です。

約5年間ずっと1位をキープし続けるというとんでもない記録です。

5年間1位も凄いですが、連続という価値は、大きな怪我が5年間ほぼ無いということです。

スポーツ選手でこれだけ長期間怪我が無いというのは本当に凄いことです。

ナダルやジョコビッチはキャリアで怪我や不調が間に何度か来てしまったため、連続在位期間は実力の割に少なめの印象です。

まとめ

フェデラーがいかにやばいかよくわかる結果とでした。

また、フェデラー最大のライバルである、ラファエル・ナダルも負けずに恐ろしい記録を持っています。こちらの記事「クレーのナダルの成績があまりに凄すぎる・・・」にて詳しく紹介しています。

男子テニス界の歴史を塗り替え続けている選手と同世代で生まれたことをとても嬉しく思います。

まだまだフェデラーも記録を伸ばす気満々のようですので、もっともっと記録を伸ばし続けて欲しいです。

Tennis Windsでは、『テニス🎾に関わる全ての人々をより幸せに』の理念の元、発信を続けています。是非、他の記事にも遊びに来てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました