錦織圭が世界1位!?テニスの色々な歴代ランキングまとめ

プロテニス

こんにちは!テニスの魅力を日々お届け!Tennis Windsです。

『日本人テニスプレイヤーで世界1位って冗談でしょ?』
『テニス界をもっとよく知りたい』
『色々なランキングを見るのが好き』

今回はテニスの色々な歴代ランキングを見ていきましょう!(2019年8月時点の数字です)あの錦織圭がランクインするものもあります。お楽しみにご覧ください!*は現役選手のマークになります。

歴代優勝数ランキング

では最初。歴代のATPツアー優勝数ランキングです!

順位名前優勝回数
1位ジミー・コナーズ109
2位ロジャーフェデラー*102
3位イワン・レンドル94
4位ラファエル・ナダル*83
5位ジョン・マッケンロー77
6位ノバク・ジョコビッチ*75
7位ビヨン・ボルグ64
7位ピート・サンプラス64
9位ギレルモ・ビラス62
10位アンドレ・アガシ60

フェデラーが歴代1位に手が届きそうです。あと、2年で超えられるか。

もし彼が、何歳になってもATP250まで出続けてくれたら、間違いなく超える記録です。

ジョコビッチとナダルは4大大会とマスターズ以外はほとんど出場していないので優勝数は意外と少ないです。

しかし、歴代2位と4位と6位が同時代で現役にいるという異常事態が発生していることが分かります。


歴代勝利数ランキング

順位名前マッチ勝利数
1位ジミー・コナーズ1274
2位ロジャーフェデラー*1223
3位イワン・レンドル1068
4位ラファエル・ナダル*960
5位ギレルモ・ビラス949
6位ジョン・マッケンロー881
7位ノバク・ジョコビッチ*874
8位アンドレ・アガシ870
9位イリ・ナスターゼ854
10位ステファン・エドバーグ801

概ね優勝数ランキングに近い面々となりました。フェデラーはこの記録も歴代1位として名を残しそうです。

ナダルが1000勝目前です。ジョコビッチも十分1000勝超えの可能性があります。

本当にこの3人が同じ時代にいるとはとんでもない時代です。

また、ギレルモ・ビラスさんが歴代優勝数ランキングにもランクインしていたのですが、自己最高ランキングは2位です。この時も厳しい時代だったことが想像されます。

ファイナルセット歴代勝率

順位名前勝率
1位錦織圭*74.2%
2位ノバク・ジョコビッチ*73.6%
3位ジョン・マッケンロー73.4%
4位ビヨン・ボルグ73.1%
5位ロッド・レーバー69.9%
6位アンディ・マレー*68.6%
7位ジミー・コナーズ68.5%
8位ヨハン・クライエク68.5%
9位ラファエル・ナダル*68.4%
10位ピート・サンプラス67.9%

錦織圭が現在歴代最高の勝率を叩き出しています。半端ねえよ錦織さん。このまま逃げ切って欲しいです。一生公式に残るものです。

そんな錦織圭のメンタリティを育てたテニスの学校「世界のテニスエリート学校」記事もありますので、併せてご覧ください。


ファーストセット奪取後の勝率

順位名前勝率
1位ノバク・ジョコビッチ*95.6%
2位ラファエル・ナダル*94.9%
3位ビヨン・ボルグ94.0%
4位アンディ・マレー*93.5%
5位ロジャー・フェデラー*93.3%
6位ジミー・コナーズ 92.7%
7位ファン・マルティン・デルポトロ*92.3%
8位ジョン・マッケンロー92.2%
9位イワン・レンドル91.6%
10位アンドレ・アガシ91.0%
14位錦織圭*89.9%

ファーストセットを取った時に、そのまま押し切れる人の目安指標になりますね。BIG3凄い。

デルポトロは、スタートが上手くいくとそのまま勢いに乗れる傾向があることも見て取れます。錦織圭もほぼ90%の勝率を誇っています。

ファーストセット取られた時の歴代勝率

順位名前勝率
1位ロッド・レーバー52.0%
2位ビヨン・ボルグ43.8%
3位ピート・サンプラス43.6%
4位イワン・レンドル43.4%
5位ラファエル・ナダル*42.7%
6位ノバク・ジョコビッチ*42.2%
7位ロジャー・フェデラー*41.4%
8位ボリス・ベッカー41.1%
9位イワン・レンドル40.5%
10位ジミー・コナーズ40.2%
17位錦織圭* 36.9%

これは逆転力の一つの指標になります。伝説の名プレイヤー、ロッド・レーバー、最初のセット落としても勝率50%を超えているダントツの数字です。

ここもBIG3が全員ランクインしています。錦織圭も現在歴代17位の数字を誇ります。

関連記事:錦織圭が歴史を変えた瞬間のATP試合を厳選して紹介

まとめ

歴代の世界1位経験者・レジェンド選手の凄さを改めて感じる結果でした。

それ以上に、BIG3と錦織圭が本当に歴代クラスでもとんでもない選手であることも分かりました。(ちなみにナダルとジョコビッチはこの紹介した5つのランキング全てTOP10に入っています)

まだまだ現役な錦織選手、是非この数字をより良くしていって欲しいです!

Tennis Windsでは、『テニス🎾に関わる全ての人々をより幸せに』の理念の元、発信を続けています。是非、他の記事にも遊びに来てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました