【今日から使える】サーブ、ボレーが苦手でもダブルスで勝利する方法5選!

ダブルス

こんにちは!テニスの魅力を日々お届け!Tennis Windsです。

『サーブが苦手』『ボレーが苦手』
『でもダブルス好き or 楽しい』
『ダブルスの練習をする、試合に出る、近々出る予定だ』

そのような方向けの記事です。

テニスをするなら、ダブルスは必ず通る道でしょう。シングルスがメインの方でもそうでしょう。

今回は、サーブ、ボレーが苦手でも、普段はディフェンシブなプレイヤーでも、ダブルスで高いパフォーマンスを出す方法をお伝えします。

中ロブスピンボールをコントロールする

ベースライン上でダブルスを戦う方にとって、特におすすめしたい技術です。一気にあなたの攻撃の手札を増やすことができます。

何故、中ロブスピンがお勧めと申しますと、「スマッシュを打たせないため」です。スライス・フラット回転の中ロブを打つと、滞空時間が長くなり、相手にスマッシュを打たせる時間を与えてしまいます。
更に可能なら相手のバックハンドに意識してボールを打てると理想です。

また何故、ただのロブでは無く、中ロブなのかを申し上げます。相手が万が一ボールに触れても、チャンスボールが返ってくる可能性が高いのです。スマッシュは打てない、且つ相手の重心はやや下がり気味の、ハイボレーになります。

想像してみて下さい。相手がその体勢で打ったら、甘い球が返ってくるイメージが湧きませんか?

普段、相手ボールのスピードが速くて、そのような余裕ない、・・・、という方もいらっしゃると思います。その場合は、無理には打たず、相手のボールが浅くなるまで、ストロークで応戦し続け、タイミングを待つ、で問題ないと思います。

1stサーブでスライスを活用する

プロもよく使っている戦法です。(元世界ランキング1位、ブライアン兄弟、アンディ・マレーなど)

意識するべきことは、サーブのバウンドをネットより低くすることに集中です。これは前衛のペアにとっても、ありがたいのです。相手は必ずボールを持ち上げるように打たなくてはいけません。フラットショットの強打は中々難しいでしょう。

すると前衛が、相手のリターンに対して反応することができるようになります。前衛からもリターンにプレッシャーをかけることができます。

このサーブは、相手にコースを読まれても、球威が弱くても有効な方法ですので、意識してみると良いでしょう。

思い切りネットに詰める

ボレーが苦手な方でも、ネットに思い切り詰めて、ボールをコンパクトに当てるだけで、ダブルスでは大きな攻撃となります。

メリットは、

①ローボレーを打つ必要がないので、足腰の負担を減らせる
②ネットミスの心配がない

ことです。

ただ、懸念事項があります。事前に平行陣にせず、雁行陣スタイルで戦いたいとペアに相談しましょう。

平行陣でネットに詰めてロブで抜かれてしまっては、ペアもフォローが追いつきません。抜かれてもケア可能か、事前に相談すると、ペアにも安心感を与えることができます。

センターセオリーを多めに使用する

ボレーが苦手だが、ボレーに挑戦したい、そのような方におすすめはセンターセオリーです。ダブルスのセンターセオリーは本当に有効で、メリットがたくさんあります。主に3つ紹介すると、

①サイドアウトの心配を無くせる
②迷いなく打てる
③相手の陣形を崩すことができる

①、②はご想像頂けると思います。
③も、相手のほとんどの陣形に対して有効です。

相手が雁行陣でも平行陣でも、センターに打てば、相手ペアどちらが対応するべきか、毎回迷わせることができます。2人ともペアに譲る、というラッキーが起きれば、エースになることもあります。

これを前項目の「思い切りネットに詰める」と組み合わせることが出来れば、更に威力を発揮できます。ただ、センターセオリーばかりにしてしまうと、相手に読まれてしまうので、少しセンターを多めにする、程度に意識する、で良いと思います。

これだけメリットがあるため、トッププロレベルでも、数多く使われている戦術です。

ボレーが得意な人と組む

いや、そりゃそうだろ、、となりますが、お伝えしたいことはただ上手な人と組めば良い、ということではありません。

役割分担の考えを取り入れることです。

例えば

「私はボレーが苦手だから、とにかくストロークでミスしないように粘ります。なので、沢山好きなだけ攻撃してください!」

とします。

こうすると、自分の短所を出さず、ペアの長所を存分に活かせるようになるため、1+1が3以上の効果を発揮できるでしょう。個々人がコミュニケーションを取らずに、好きなように動いてしまっては、勿体ないのです。

まとめ

いかがでしょうか。ボレー、サーブが苦手でもダブルスを戦い抜く方法をお伝えさせて頂きました。そ戦い方次第でボレーの強い選手に対抗することは、十分に可能です。

ボレーが苦手でもポジションを工夫すればミスを減らせるし、サーブが苦手でも回転を工夫すれば優位に進めることが可能です。

あなたのダブルスライフがこの記事でより楽しくなるよう、心よりお祈りしております。

Tennis Windsでは、『テニス🎾に関わる全ての人々をより幸せに』の理念の元、発信を続けています。是非、他の記事にも遊びに来てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました