【社会人女性編】テニスって何が楽しいの?キラキラな魅力を10個紹介!

コラム

こんにちは!テニスの魅力を日々お届け!Tennis Windsです。

『週末の過ごし方を迷っている』
『人に合わせるのが苦手だ』
『テニスって孤独じゃない?』
『出会いが欲しい』

そのような方向けの記事です。

テニスは全然孤独ではありません。むしろ男女比が均等に近い社会人サークルもあります。出会いもバッチリ、ダブルスでペアと呼吸を合わせる楽しみ方もあります。

そして、社会人の趣味としてこれほど相性の良いものは無いのでは無いでしょうか。この記事で週末の楽しみ方に、テニスを取り入れたくなること間違い無いでしょう!

キラキラ女子に近づきましょう!

1.PC疲れに最高

テニスは目に非常に良いスポーツです。
睡眠以外で、目をリラックスさせる方法に、目を凝らす方法があります。

テニスボールはちょうど良い大きさで、ラリー中は常に目を凝らしている状態に必然的になります。
もし、近くにボールを打てる場所がありましたら、体験してみて欲しいです。

①午後休を取り、午前中ずっとPCを見て仕事をして、目が辛くなってきます。
②その後、20分で良いので壁打ちをしてみて下さい。驚くほど頭がスッキリします。

目が疲れると顔全体が疲れているように、見えてしまいます。綺麗な目でスッキリした美しい顔を保つために、テニスは効果的です。

2.ファッション

テニスは女性が可愛い、かっこよく見えるような独特のウェアが作られています。日頃のファッションは落ち着いた色にしがちな方でも、テニスウェアであればピンクの可愛い服を来ても違和感なしです。周りも着ているからです。

男性陣から聞いたことがありますが、テニスウェアが似合っている女性は、通常の魅力の3割可愛く感じる、聞いたことがあります。中にはテニスが上手な女性が好みという、イケメンテニス男子と出会ったことさえあります。

3.二人で出来る楽さ

ネットを挟むスポーツならではの特徴です。デートにだって使えます。

テニス独特のファッションで彼を魅了しましょう。

テニスデートについての詳しい記事は、こちらの「テニスデートをプロデュース」で紹介しています。

4.人見知りな人ほど取り組みやすい

定期的に運動を取り入れる習慣を持つことは、運動神経がない人ほど、ハードルが高いですよね。そのため対人スポーツは遠慮しがちになってしまいます。

しかし、1人が好きな人ほど、テニスは向いています。
テニスの練習会や、スクールの練習では、実はほとんどの場合は、練習したらそのまま解散です。それが普通です。そのため、「話さなくてはいけない」という焦りを感じる必要がありません。

5.爽快感

テニスが好きになった方は、間違いなく、このボールを打つ爽快感がたまらないという人が多いと思います。
バッティングセンターに行って、カキン!!とボールを打つと、気持ち良いですよね。
テニスラケットを振るのはこれより遥かに楽なので、何度でも振れますが、爽快感のレベルはこれに近いレベルがあります。勢いよくボールを何度も打ち出すことができます

このボールを思い切りヒットする爽快感!!

6.コストが意外に安い

テニスはラケットとシューズがが有り、元々持っているシャツとズボンがあれば、出来てしまうスポーツで、始めるコストが実は安いのです。(イメージは高そうですが)

競技者が使用しているガチなラケットやシューズでも、ラケットも賢く買えば新品でも15,000円、シューズは5000円程度で充分高性能なものが変えるため、予算は2万程度でいけます。

あとは、コート代、ボール代ですが、市営、区営のコートであれば1回1000円前後です。

7.病気対策

テニスは三密が避けられる、数少ないスポーツです。

屋内コートで、常に距離を置いてプレーが出来るため、風邪や感染リスクが低いです。

ただ、これはテニスに限らずですが、体力を使い抵抗力は一時的に下がります。
ですが、手洗いうがい、食事をきっちり取る、を行えば、比較的安全なスポーツです。

8.日焼け対策が容易

アウトドアスポーツで、日焼けを気にする必要が無いのもテニスです。

何故なら、テニスはナイターの施設がとても充実しています。しかも、市営や区営のコートであれば、ナイター料金も、普段の金額に毛が生えた程度で使うことができます。

全く日差しの心配をせず、ナイターのみで行う。そして汗をきっちりかいて、水を飲む。日焼けどころか、血行・美肌対策としても有効なスポーツです。

9.利害のない友達が出来る

前述で人見知りでも大丈夫という旨の内容をお伝えしました。逆に社外の友人が欲しいという方もいるでしょう。
社会人サークル、練習会がとにかく充実しているのが、テニスの特徴です。

学生以来の全く利害の無い友人が作りやすいです。

10.ドーハの喜劇

最後はテニスを見る楽しみ方の紹介です。

サッカーで日本の世の中の空気を一変させた現象、ドーハの悲劇。日本初のワールドカップ出場が最後の2,3分で相手ゴールによって、夢潰えたその瞬間。(その次ワールドカップ出場達成)逆であれば日本中が歓喜の嵐でしょう

テニスでは、そのような興奮を自分の中で何度も味わうことができます。

錦織圭選手のファンだった人は、2014年の全米オープン大興奮です。タイブレークで負けそうな瞬間、彼が逆転でセットを取り返した時の興奮は、本当にたまらないです。

他にも、沢山の応援したい選手ができれば、楽しみが増えていきます。

色んなユニークな選手がいます。

まとめ

テニス、最高です。でも、少し始めるハードルが高めなのも分かります。それはルールが分かりにくい、という点があると思います。

野球やサッカーだと、ルールがシンプルです。ほとんどの方が知っているでしょう。テニスはタイブレーク、6ゲームマッチ、3セットマッチ、など様々なルールや独特のポイントの数え方をします。(テニス特有のルールは「テニスだけの特殊・基礎ルール」で紹介しています。)

ルールを知った時、テニス特有の魅力がよく見えてきます。ハマります。
少しでも、あなたの人生にテニスを通じて彩と潤うが増えればと思い、この記事を作成しました。

楽しいテニスライフに足を踏み入れましょう!

Tennis Windsでは、『テニス🎾に関わる全ての人々をより幸せに』の理念の元、発信を続けています。是非、他の記事にも遊びに来てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました