錦織圭も遂に結婚!!テニスの歴代王者・女王はどんな人と結婚しているのか

プロテニス

こんにちは!テニスの魅力を日々お届け!Tennis Windsです。

『テニスプレイヤーってどんな人と結婚してるの?』
『スポーツ結婚してみたい!』
『婚活!』

そのように思われた方、いらっしゃいますか?錦織選手も交際が度々ニュースになっています。それだけ関心が高いということですね。

今回はテニスプレイヤーの結婚事情についてお伝えします。
歴代世界1位の選手たちはどんな人たちと結婚しているのか、見てみましょう。

テニ婚

ロジャーフェデラー (スイス🇨🇭)

グランドスラムタイトル数20、世界一稼ぐテニス界の生きる伝説。そんなフェデラーの奥さんはどのような方なのか見てみましょう。

妻:ミロスラヴァ・ヴァヴリネック🇨🇭

(愛称:ミルカ)

元スイス代表テニス選手🇨🇭

1978年生まれ(フェデラーより3つ年上)

フェデラーと共に妻、兼マネージャーとして、ツアー帯同をしているミルカ夫人。彼女もスイスのプロテニスプレイヤーでした。フェデラーとの出会いは2000年のシドニーオリンピックでのスイス代表選手村でした。その時にフェデラーはミルカに一目惚れし、猛烈アタック。2人の交際が始まりました。

ミルカの主な成績

時期成績
15才スイス18才以下ジュニア選手権で優勝。
プロになることを決意。
16才フェドカップスイス代表
2000年世界ランキング88位
2001年怪我により試合の続行が厳しくなる
2002年フェデラーの提案で、専属マネージャーとしてプロ活動を中止

そして、今のフェデラーの実績があります。フェデラーは2003年から実力が爆発しましたが、ミルカ夫人サポートが始まってからだったのですね。

同じプロツアー経験者としてフェデラーのサポートをしてくれる、テニス選手にとって最も信頼できるパートナーですよね。フェデラー選手の成功は、ミルカ夫人がいなければ、なし得なかったことでしょう。

アンドレ・アガシ (アメリカ🇺🇸)

グランドスラム8回優勝、フェデラーに注ぐ歴代最年長No.1プレイヤーです。奥さんはどんな方でしょう。

妻:シュテフィ・グラフ (ドイツ🇩🇪)

女子テニス界の超レジェンドプレイヤー、国際テニス殿堂入りを果たした選手。グランドスラム優勝22回、女子テニス歴代3位の記録です。シングルスの成績は900勝115敗。。。2001年に結婚。1999年ではアガシは別の女性と交際していたため、2人の交際は1999年か2000年に始まったのでしょう。スピード婚ですね!

グラフの主な成績

グランドスラム優勝22回歴代3位
年間ゴールデンスラム達成(1年で全てのグランドスラムとオリンピックに優勝)この記録を持つのはグラフのみ
通算世界ランキング1位 377週7年以上世界1位だったということです。。

ご覧頂いた通り、とてつもない選手です。夫婦でグランドスラムのトロフィーが30個です。部屋が凄いことになってそうですね。幸せな夫婦生活を送っていられるでしょう!

幼馴染婚

スポーツ選手以外で、学生時代からの交際でゴールインした2人を紹介します。

ノバク・ジョコビッチ(セルビア🇷🇸)

セルビア人初の世界ランキング1位、英雄ジョコビッチ。ジョコビッチはパートナーはどのような方でしょう。

妻:エレナ・リスティッチ 🇷🇸

ジョコビッチの1つ年上。彼女はスポーツ選手ではありません。

イタリアの大学を卒業後、石油会社に勤務、コンサルタント業、そして水着モデル業と超イケてるスーパーOLの生活を送っていました。MBAの資格も保有しています。

ジョコビッチとは高校時代に出会い交際をスタート。結婚に至りました。

元々はノバク財団という、ジョコビッチの財団組織の社長を勤めていました。社長業もできてしまう元水着モデル美女です。現在も役員として活躍しています。

しかし、綺麗な方々が並びます。テニス選手にも絶世の美女たちがいます。テニス超美人トッププレイヤー8人を紹介もおすすめです。

ラファエル・ナダル(スペイン🇪🇸)

テニス界のクレーキング。フェデラー・ジョコビッチと共にグランドスラムのタイトル数歴代1位を争う、生きるレジェンド。ナダルのパートナーはどのような方でしょう。

妻:マリア・フランシスカ🇪🇸

ナダルも控えめな女性と言う程、表に出ず、裏側でナダルを献身的にサポートしてくれている、芸能界用語?で言うと一般女性です。2人は地元が同じで、スペイン・マヨルカ島の学校での出会いとのことです。16才の時に交際は始まり、結婚するまで14年程の歳月がありました。しかし美人ですねー。

別スポーツ婚

他のプロスポーツ選手と結婚したテニス選手を紹介します。

キャロライン・ウォズニアッキ (デンマーク🇩🇰)

その美貌と強さから莫大なスポンサー料を稼ぐ女子世界ランキング1位経験者。本人もモデルに起用されるほど。無冠の女王の称号を2018年全豪オープン優勝で返上いたしました。

夫:デビッド・リー(アメリカ🇺🇸・バスケット)

ウォズニアッキの夫は身長2m超えのプロバスケットボール選手で、2015年にNBAチャンピオンを経験するなど、バスケットボールのトッププロ選手。しかもイケメンです。

テニス界の美女とバスケット界のイケメンの結婚式。本当にお似合いの夫婦です。

一般人婚

1番我々にとって期待できるのが、これですね!笑

アンディ・マレー (イギリス🇬🇧)

フェデラー、ナダル、ジョコビッチとBIG4と呼ばれ、テニス界を牽引するイギリステニス界のスーパースター。2016年には念願の世界ランキング1位を手に入れました。お寿司が好きで、試合後の栄養補給で取り入れています。

妻:キム・シアーズ🇬🇧

彼女とマレーの出会いは全米オープンのパーティイベントでした。テニスプレイヤーで無いキム・シアーズさんが何故その場にいたのかと言うと、彼女のお父さんにあります。彼女のお父さんは元プロテニス選手で、引退後はコーチとしてツアー帯同をしていました。当時17才のキムさんはその関係でパーティに呼ばれてマレーと運命的な出会いをしました。

恋愛は偶然とタイミングと言いますが(私だけ?)、パーティなどに参加すると何が起きるかわからないですね!出会いの場にどんどん進めば、きっと素敵な出会いが待っているに違いありません!

まとめ

いかがでしたでしょうか?野球選手と違い、アナウンサー婚といったものは見られないですね。これはテニスは国内では無く、海外を転戦するため、インタビューなどで自国アナウンサーと交流する機会が少ないからだと私は思っています。

錦織圭のような選手と結婚するには、自分自身もそれにふさわしい人間、プロ選手になるか、幼馴染になるか、となりそうです。(難易度高!)ここまで読んで頂きありがとうございました。

Tennis Windsでは、『テニス🎾に関わる全ての人々をより幸せに』の理念の元、発信を続けています。是非、他の記事にも遊びに来てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました