フェデラー、ジョコビッチは仲良し?その実態はいかに!?

プロテニス

こんにちは!テニスの魅力を日々お届け!Tennis Windsです。

『フェデラー、ナダルは良く聞くけどジョコビッチはどうなんだろ?』
『テニスプレイヤー間の人間関係も知ってみたい!』

こう思われた方は是非この記事をご覧ください!

フェデラー、ナダル、の関係は世間ではよく注目されますが、同じBIG3である、フェデラー、ジョコビッチの関係はどのようになっているでしょうか?険悪?親友?二人のテニスの成績と共にご紹介していきます。

プロフィール

では、まず2人のそれぞれのプロフィールを細かく見て行きましょう。

ロジャー・フェデラー

生年月日1981年8月8日
身長185cm
利き腕
国籍スイス🇨🇭
プレイスタイルアグレッシブベースライナー
4大大会成績優勝20回(全豪6回、全仏1回、全英8回、全米5回)
準優勝11回
単独成績ウィンブルドン決勝進出12
全米40連勝
全豪11年連続準決勝進出
決勝戦24連勝
他、多数

2004-2008年で誰も抜けないんじゃないかというとてつもない成績を残してくれました。そこからナダル・ジョコビッチの台頭で1強ではなくなりました。

ノバク・ジョコビッチ

生年月日1987年5月22日
身長188cm
利き腕
出身地セルビア🇷🇸
プレイスタイルカウンターパンチャー
4大大会成績優勝17回(全豪8回、全仏1回、全英5回、全米3回) 準優勝9回
単独成績 全豪オープン最多優勝記録、
年間最終戦4連覇、
マスターズ1000全て優勝、
4大大会すべての準決勝に進出最年少記録。「20歳250日」

世界ランキング1位最高ポイント16,790、

一番凄いと思うのは、マスターズ全ての大会で優勝していることです。

全てのサーフェスのビッグタイトルを全て手に入れているのはジョコビッチのみ。あとは、オリンピックのタイトル欲しいです!

対戦成績・成績比較

では2人の成績を見ていきましょう。直接の対戦成績のみではなく、各々のサーフェス毎の違いなども見ていきます。2019年11月時点を参考にします。

対戦成績

ジョコビッチ🇷🇸26勝 22勝フェデラー🇨🇭 

実に48回も対戦しています。ジョコビッチ選手が優勢です。

その内準決勝での対戦は決勝の対戦は19回、準決勝の対戦は23回です。もう二人の戦いはテニス人生、キャリアに関わる戦いが本当に多いですね。

グランドスラムの決勝舞台での対決は5回と意外に少なく、ジョコビッチの4勝1敗でフェデラーがウィンブルドンで3連敗と全敗しています。

フェデラーの勝ち星はジョコビッチのキャリアの前半が多く、相性はフェデラーの攻めをジョコビッチが守りきってしまう、と言ったところでしょうか。

サーフェス毎の成績

2人のサーフェス毎の対戦成績を見てみます。

ハードコートフェデラー🇨🇭17勝19勝ジョコビッチ🇷🇸
クレーコートフェデラー🇨🇭4勝4勝ジョコビッチ🇷🇸
グラスコートフェデラー🇨🇭1勝3勝ジョコビッチ🇷🇸

ほとんど互角です。グラスコートはウィンブルドンのみの対戦で2019年フェデラーがマッチポイントを取っていたら2勝2敗でしたので、これも紙一重で互角と言って良いと思います。

関連記事
ジョコビッチとマレーの関係がやばい!?客観的数字から徹底比較
本当の仲は・・・!?フェデラーとナダルの密で密な絡みを紹介!

3.フェデラーのジョコビッチへの言葉

フェデラーがジョコビッチに関する言葉を発した時、どんな内容でしょうか。

控えめに言っても驚きだよ

2011年ジョコビッチが連勝を続けていた時に、ここまでフェデラーが相手を褒めることは少ないので、本当に衝撃的だったのでしょう。

こういう形で試合終了は迎えたくない。ノバクを気の毒に思う。彼は友人で、素晴らしいチャンピオンだ。われわれは何度か素晴らしい戦いをしてきた

全米オープンでジョコビッチの体調不良で途中棄権後のコメント。

ジョコビッチのフェデラーへの言葉

続いてジョコビッチの言葉です。

僕は、彼らがコート上で成し遂げたことに対し、最上級の敬意を抱いている。そしてまた、彼らはコート外でもチャンピオンであり、お手本だ。僕らは互いに対戦するたび、互いを限界まで追い立て合ってきたと思う。僕にとって、それは常に究極のチャレンジだった。それが、どの大会であれ、ナダル、フェデラーとプレーすることは

フェデラー、ナダルを追い続けてグランドスラム歴代3位の成績になった時のコメントです。。

グランドスラムの最多勝利数を更新したい気持ちがないと言ったらうそになる。そこは間違いなく目標であり、願望であり、目的だ

フェデラーのグランドスラム20勝に対してのコメントです。

お互い、テニス選手として、友人として尊敬し合っていることが良く分かりました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

フェデラー・ジョコビッチの2人関連を詳しく紹介いたしました。

フェデラーが長く現役を続けていられるのも、ジョコビッチがトップ選手に上り詰めたのも、お互いが良い刺激を与え続けているから、素晴らしい関係です。

今後の2人の戦いに注目していきましょう!

Tennis Windsでは、『テニス🎾に関わる全ての人々をより幸せに』の理念の元、発信を続けています。是非、他の記事にも遊びに来てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました