【カモにしよう!】テニス、バコラー 苦手、大嫌いから脱する対策方法5選

シングルス

こんにちは!テニスの魅力を日々お届け!Tennis Windsです。

『バコラー 苦手』
『全然ラリーが続がないんですけど・・・』
『相手のミスの大小に生殺与奪権を握られているんだが』

そのような方向けの記事です。
自分がミスするか、相手に決められるか、相手がミスするかの、単純試合。

寒い日の初戦で当たった時には、体が温まらないまま、負けてしまったことがある。そんなの悔しいですよね。

今回は、そんなバコラー相手でも、あなたが「よっしゃ!こっちのもの!」と思えるようになる、効果抜群の対策方法を5つ紹介します。バコラーをカモにしてしまいましょう。

スライスサーブメイン

バコラー対策でとにかく有効なのが、相手をネットより高い打点で打たせない、これに尽きると思います。

ずっとスライスサーブばかりですと、対戦相手に読まれてしまうので、たまにフラットサーブを打つのも良いでしょう。

相手はスライスサーブを前提に構えているので、本来叩かれるはずのフラットサーブも叩かれにくくなっていることでしょう。

サーブはワイドよりも、相手のボディやバックハンドを狙うように打つのも効果的です。

相手には回り込まれ、フォアハンドでは打たれますが、回り込みながら横に切れるボールをハードヒットするのは、意外と難しいです。

ワイドにサーブを打つよりも、相手もコートの真ん中に近いポジションになるため、角度を突けにくくさせることもできます。

関連記事:テニスのサーブはトスで決まる!?超安定トスを手に入れる方法を徹底紹介

意表をつくボレー

え?これをバコラーに無理やりやるの?怖いじゃん・・・と思われた方、いらっしゃると思います。普通にやったら怖いです。

スライスアプローチで、相手が強打するとアウトしにくいボールで前に出ると良いでしょう。

また初めから相手のボールは避けるくらいの気持ちで良いのです。

とにかく、相手に「この対戦相手は隙あらばネットに出てくるかもしれない」と思わせることが最大の狙いです。

そのために、目の前の1ポイントは献上しても良いくらいです。ミスってくれたら御の字です。

これを見せるだけで、対戦相手にストロークでプレッシャーを与えることができます。「より深く打たなくては」と。意識、無意識に関わらずです。

そうすると、対戦相手はボールを勝手にアウトしてくれる確率が高まります。

相変わらず、ラリーの時間は短いでしょうが、こっちのポイントになるなら短いラリーで終わるのはむしろありがたいでしょう。

サーブ&ボレーを一度見せておく

先程はストロークでボレーに出て、相手のストロークにプレッシャーを与える大切さをお伝えしました。

それは是非、サーブでも仕掛けましょう。相手のリターンにプレッシャーを与えます。

スライスサーブで強打できないように、また、これも怖いと思うので、初めから避ける前提でも良いくらいです。

バコラーのリターンコースに制限を与えたら、あとは勝手にリターンを厳しいコースに打って自滅してくれます。

先程のストロークと違って、ネットに出てくる相手に対しては、リターンを沈めたい気持ちが働きます。

ただ、バコリショットを沈めるのは至難の技です。相手の勝手にネットミスする回数も増やせるでしょう。

関連記事:意識するだけ!簡単にボレーのレベルをアップするコツ7つを紹介する記事

浅めの低いボールでネットプレイさせる

相手をネットにおびき寄せることも非常に有効な手段です。

強打スタイルはとにかく強気なので、浅いボールが来たら、積極的にネットに出てくる可能性大です。

普通の浅いボールはアプローチで決められてしまう可能性が高いので、これもスライスショットで誘き寄せると良いでしょう。

(もし前に出てこなかったら、そのまま浅いスライスを打ち続けましょう。勝手に前後に振り回せます)

そして相手のボレー、スマッシュの力量を確かめましょう。上手かったら、浅いボールをこちらからプレゼントするのは一旦やめましょう。

たまにドロップショットを打つのは有効です。

バコラーをメンタルブレイク

最後は、相手が強打が怖くなるメンタル状態へ持っていかせる方法です。

それができたら苦労しないよ・・・と思われた方、いらっしゃると思うので、具体的にお話します。

ブロックリターン、ブロックストロークを会得しましょう。これはテイクバックを可能な限り小さくして、面だけを合わせてボールを返すテクニックです。

相手の速球を安定的に速球で打ち返すテクニックで、自分からボールにパワーを伝えることはほとんどしません。

一言で言えば、耐えながら攻撃し返せるおいしいショットです。

盾を構えながら押し切る戦い方です。相手のプレイスタイルに関わらず、是非とも習得したい打ち方です。老若男女全員にオススメです。

本当にただ面を合わせるだけです。野球でいうバントのような形です。当てるだけです。

トッププロで、ノバクジョコビッチ選手が、ビッグサーバーバコラー相手によく使う戦法で、バコラーにかなり効果的であることを証明してくれています。

ビッグサーブを返球するジョコビッチ

是非、実践してみましょう!

まとめ

バコラーは相手のプレイスタイル関係なしに攻めて来ます。ラリーは短くなるし、対戦相手のミス待ちになるのも、ある程度しょうがないでしょう。

今回紹介した5つのテクニックは、「自分から積極的に相手をミスらせる」方法です。
ただの相手のミス待ちと、主体的に相手をミスらせるのは、全く違います。

ミスが出始めると、大抵のバコラーは途中で強打を躊躇することが多いです。

その展開に一度持ち込めれば、自分の展開に戻すことができ、より試合を有利に進めることです。大切なのは、

・序盤のラリーで自分の簡単なミスでポイントを与えない
・対戦相手に強打したらミスってしまうようなプレッシャーを与える

です。

Tennis Windsでは、『テニス🎾に関わる全ての人々をより幸せに』の理念の元、発信を続けています。是非、他の記事にも遊びに来てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました