【テニス】ナダルがクレーで負けた相手が一覧で分かる記事

プロテニス

こんにちは!テニスの魅力を日々お届け!Tennis Windsです。

赤土の王者、ラファエル・ナダルのクレーの成績のみをピックアップした成績を一覧でまとめました。懐かしみながら、誰に負けたのか!?が分かります。

2002年(1勝1敗)

ATP TOUR スペイン マヨルカ 2回戦
2-6 2-6
vs オリビエ・ロクス(70位・ベルギー・168cm)

ナダルがツアーレベルで初めてクレーコートで負けた試合です。
身長168cmの伝説の名プレイヤー、ロクス氏が相手でした。

2003年(11勝6敗)

ATPマスターズ1000 モナコ モンテカルロ 3回戦
6-7(3) 2-6
ギレルモ・コリア(26位・アルゼンチン・全仏オープン2004準優勝)

ATP TOUR スペイン バルセロナ 2回戦
6-3 2-6 1-6
アレックス・コレチャ(17位・スペイン・全仏オープン1998,2001 準優勝)

ATPマスターズ1000 ドイツ ハンブルグ 3回戦
2-6 2-6
ガストン・ガウディオ(*1)(29位・アルゼンチン・全仏オープン2004優勝)

ATP TOUR スウェーデン ボースダード 準々決勝
6-3 3-6 6-7(6)
ニコラス・ラペンティ(76位・エクアドル・最高6位)

ATP TOUR ドイツ シュトゥットガルト 2回戦
2-6 6-3 2-6
フェルナンド・ゴンザレス(14位・チリ・最高5位全仏2009 ベスト4)

ATP TOUR クロアチア ウマグ 準決勝
4-6 4-6
カルロス・モヤ(4位・スペイン・元世界1位)

カルロス・モヤ

ナダルのキャリアで敗北数が最も多く、勝率が悪いのがこの年でした。
カルロス・モヤは後にナダルのコーチに就任します。
*はナダルに複数回勝利した方の数字になります。

2004年(13勝3敗)

ボースダード準々決勝
2-6 2-6
ガストン・ガウディオ(2)

シュトゥットガルト 準々決勝
3-6 7-6(3) 5-7
ダビド・フェレール(1)(47位・スペイン・最高3位 全仏2013準優勝)

ATP TOUR イタリア パレモ 2回戦
3-6 3-6
オリビエ・ムティス(113位・フランス)

2005年(51勝2敗)

ATP TOUR アルゼンチン ブエノスアイレス 準々決勝
6-0 0-6 1-6
ガストン・ガウディオ(3)

ガストン・ガウディオ

マヨルカ 準々決勝
5-7 2-6
イゴール・アンドリーブ(47位・ロシア)

2006年(26勝0敗)

無敗神話

関連記事:【ヤバすぎ】クレーのナダルってそんなに凄いの?凄すぎるんです!!
こちらの記事はナダルの勝った方の試合のエゲツなさがよく分かります。

2007年(31勝1敗)

ロジャー・フェデラー

ハンブルグ1000 決勝
6-2 2-6 0-6
ロジャー・フェデラー(1)(伝説のプレイヤー)

2008年(22勝1敗)

ATPマスターズ1000 イタリア・ローマ 2回戦
5-7 1-6
ファン・カルロス・フェレーロ(23位・スペイン・元世界1位 全仏2003優勝)

2009年(21勝2敗)

ATPマスターズ1000 スペイン・マドリード 決勝
4-6 4-6 ロジャー・フェデラー(2)

全仏オープン 4回戦
2-6 7-6(2) 4-6 6-7(2)
ロビン・ソダーリング(25位・スウェーデン・全仏2009,2010準優勝)

ロビン・ソダーリング

全仏オープンで初めてナダルが負けた試合。初出場からの5連覇を逃し、4連覇に終わる。
しかし、翌年から優勝し5連覇を達成する。そして、フェデラーのクレー勝利が2021年現在これで最後。

2010年(22勝0敗)

クレーマスターズ3つ全て優勝。

全仏オープン優勝。

しかも22試合全てで落としたセットは、たったの2つ。

誰も勝てない。

2011年(24勝2敗)

ATP マスターズ1000 マドリード 決勝
5-7 4-6
ノバク・ジョコビッチ(1)(伝説のプレイヤー)

ローママスターズ 決勝
4-6 4-6
ノバク・ジョコビッチ(2)

ノバク・ジョコビッチ

ジョコビッチの覚醒が始まり、ナダルの牙城が遂に崩れる。
彼がいなかったらより大変な事になっていたでしょう。

2012年(23勝1敗)

マドリード1000 3回戦
3-6 6-3 5-7
フェルナンド・ベルダスコ(19位・最高7位)

マドリードは、クレー大会の中では球足が速く、ナダルにしては成績が振るわない珍しい大会。
この年はジョコビッチに全勝した。

2013年(38勝2敗)

ATP250 チリ 決勝
7-6(2) 6-7(6) 4-6
ホラチオ・ゼバロス(73位・アルゼンチン)

ナダルがクレーの決勝戦で負けた選手は、BIG4とこのゼバロス選手のみ。

モンテカルロ1000 決勝
2-6 6-7(1)
ノバク・ジョコビッチ(3)

2005年から無敗だったナダルの9連覇をジョコビッチが阻止した形になりました。

2014年(25勝3敗)

モンテカルロ1000 準々決勝
6-7(1) 4-6
ダビド・フェレール(2)

バルセロナ500 準々決勝
6-2 6-7(5) 4-6
ニコラス・アルマグロ(20位・スペイン・クレー大会12回優勝)

ローマ1000 決勝
6-4 3-6 3-6
ノバク・ジョコビッチ(4)

2015年(26勝6敗)

リオデジャネイロ500 準決勝
6-1 2-6 5-7
ファビオ・フォニーニ(1)(28位・イタリア・モンテカルロマスターズ優勝)

モンテカルロ1000 決勝
3-6 3-6
ノバク・ジョコビッチ(5)

バルセロナ500 3回戦
4-6 6-7(6)
ファビオ・フォニーニ(2)

ファビオ・フォニー二

マドリード1000 決勝
3-6 2-6
アンディ・マレー(1)(伝説のプレイヤー)

ローマ1000 準々決勝
6-7(7) 2-6
スタン・ワウリンカ(9位・全仏2015優勝)

全仏オープン 準々決勝
5-7 3-6 1-6
ノバク・ジョコビッチ(6)

ナダルクレー不調の年。(それでも勝率8割超えてますが・・・)
天敵フォニーニ現る。

2016年(21勝4敗)

ブエノスアイレス250 準決勝
4-6 6-4 6-7(4)
ドミニク・ティエム(1)(19位・オーストリア・全仏2018,19準優勝)

リオデジャネイロ500 準決勝
7-6(6) 6-7(3) 4-6
パブロ・クエバス(45位・ウルグアイ・クレー巧者)

マドリード1000 準決勝
5-7 4-6
アンディ・マレー(2)

ローマ1000 準決勝
5-7 6-7(3)
ノバク・ジョコビッチ(7)

クレーキング・ナダルに対して、クレープリンス・ティエムの登場です。

2017年(24勝1敗)

ローマ1000 準々決勝
4-6 3-6
ドミニク・ティエム(2)

ナダルこのまま衰えるか!?と思ったら、フェデラーと共に奇跡の復活劇を遂げる。
ナダルの年齢の衰えを待ってはいけないことを知らしめる。

2018年(26勝1敗)

マドリード1000 準々決勝
5-7 3-6
ドミニク・ティエム(3)

2019年(21勝3敗)

モンテカルロ1000 準決勝
4-6 2-6
フォニーニ(3)(18位)

バルセロナ500 準決勝
4-6 4-6
ティエム(4)(5位)

マドリード1000 準決勝
4-6 6-2 3-6
ステファノス・チチパス(9位・ギリシャ)

2020年(9勝1敗)

ローマ1000 準々決勝
2-6 5-7
ディエゴ・シュワルツマン(15位・アルゼンチン・全仏2020ベスト4)

2021年(4勝1敗)現在

モンテカルロ1000 準々決勝
2-6 6-4 2-6
アンドレイ・ルブレフ(8位・ロシア)

結果

ナダルのクレー敗北の内訳(449勝41敗)

ジョコビッチ7敗
ティーム4敗
フォニーニ3敗
ガウディオ3敗
フェデラー2敗
マレー2敗
フェレール2敗
他18名1敗

強すぎです。。。
クレーキングに土をつける新たな選手は現れるか・・・!
今後のテニス界に注目したいですね。

Tennis Windsでは、『テニス🎾に関わる全ての人々をより幸せに』の理念の元、発信を続けています。是非、他の記事にも遊びに来てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました