【女子編】世界最強級海外・日本人プロが使用するおすすめテニスガットを紹介

ガット

こんにちは!テニスの魅力を日々お届け!Tennis Windsです。

憧れのトッププロと同じラケットで打ってみたい。

そう思われたことのある方、いらっしゃると思います。

今回はそんなテニスプレイヤー達(女子)のガット・ストリングに焦点を当てた記事です。

世界トップの選手達と日本人最強級トッププロ達の使用ガット・ストリングを紹介します。

ガット選びの参考に、お使い下さい。

シモナ・ハレプ🇷🇴

フォーブス長者番付テニス部門、男子も入れてTOP10に入った実績のある、人気選手。

彼女のテニスは、基本的に守備を重視したテニスで、日本人にとって参考になる部分の多いです。そのため、最初の紹介選手として紹介させて頂きました。

そんな彼女の使用ガットは

縦横両方:Luxilon 4G 125
・抜群のテンション維持機能(試合を通して打感の偏りが少ない)
・ゴールドのかっこいいカラー
・スピンのかかりが良い

ハレプ選手は、爆発的なストロークやサーブを持たず、組み立てとコントロール、スピンの効いた中ロブボールを使った守備を発揮します。

ブレの少ないスピンガットは、このプレイスタイルと相性が良いでしょう。

日本人と相性の良いガットだと思います。かつては錦織圭選手も採用しており、Luxilonガット超人気シリーズの1つです。

セレナ・ウイリアムズ🇺🇸

グランドスラム優勝回数歴代2位、史上最強級の攻撃的女子テニスプレイヤー、セレナウィリアムズ。彼女の超攻撃的テニスを支える使用ガットは

縦:Wilson Natural Gut 16
・耐久性度はそこまで高くはない
・打感が非常に良く、腕・手への振動が少ない
・高いホールド力

横:Luxilon 4G 125
前述のハレプ選手と同じガット

縦糸はウィルソン特性の高級ナチュラルガットで、横糸はルキシロンのポリガットを使用しています。ガットは、縦糸と横糸を別々のガットにすることができます。
(アマチュアの方々も、プロのガット張り職人「張人」の方に頼めばやって頂けます)

縦糸と横糸で異なるガットで張ることを、「ハイブリッド張り」と言います。

縦糸のウィルソンナチュラルガットは錦織圭も使用しており、高いホールド力と打感を持つ、ボールを巻き込むように打つ選手にとって相性の良いガットです。

セレナ・ウイリアムズは、錦織圭と並んでガットの張り替え注文の多い選手として有名で、ナチュラルガットのメンテナンスをしているのでしょう。

耐久性は低めでも、それでも使いたくなる高性能ガットということです。

おすすめ記事:雑誌に載ってるレベル・・・テニス界のアツアツなイケメン10人を紹介

アシュリー・バーティ🇦🇺

2020年、2021年世界ランキング1位をキープし続ける、オーストラリア最強女子。

身長166cmと世界平均的には小柄な部類で、コントロールと華麗なスライスショットを組み合わせて、テクニックとテニスIQが特に高い世界女王。

そんな彼女の使用ガットは

縦横両方:Head Hawktouch 125
・やや硬め
・ボールの飛びすぎを抑える

男子だとアレクサンダー・ズべレフ選手も使用しています。このガットは飛びすぎを抑えることでのコントロール重視のガットです。

ズべレフのようなハードヒッターにとっては、アウトにならないように。
バーティのようなテクニカルなテニスにとっては、堅実にコースを付けるように。

堅いテニスをしたい中級以上のプレイヤーに特におすすめのガットになります。

日比野菜緒🇯🇵

2021年日本ランキング堂々のNo.1、そしてTOP100とグランドスラム本戦進出となった日比野選手。小柄ながらコントロール重視のテニスで世界を相手に闘っています。

そんな彼女の使用ガットは

縦横両方:YONEX POLY TOUR REV 125
・八角形断面のガットでスピン性能に特化
・YONEXのポリガットの中では反発性が高い
・やや堅い打感

日比野選手は、西岡良仁選手同様、全ての道具をYONEXで統一されています。

ガットの太さは、120,125,130の3通りで、日比野プロは真ん中のサイズを選んでいます。

スピンボールをしっかり打ち込みつつ、堅実なコントロールをしたいプレイヤーに特におすすめのガットです。

関連記事:可愛い、強い!・・・魅力的な選手だらけ!日本女子テニス界10人を紹介!

大坂なおみ🇯🇵

若くして、グランドスラム4回優勝。世界ランキング1位達成。本気で打つと200km/hを超えるサーブを打てる将来が楽しみな選手。

若くして成功しすぎた為の、精神的なプレッシャーと闘っています。上手く付き合えることをお祈りしています。

そんな彼女の使用ガットは(2018年の全米オープン優勝時のもの)

縦:YONEX POLYTOUR PRO
・柔らかいポリガットで腕・肘に優しい
横:YONEX REXIS COMFORT125
・柔らかい打球感とコントロール性能の高いナイロンガット
・YONEXのナイロンガットの中でも特に打球感の良さを追求

そして、その後、片方をウィルソンのナチュラルガットに変更したようです。
ウィルソンのナチュラルガットも打球感・ホールド感が素晴らしい性能です。

なおみ選手は、ハードヒッターなので、硬いボールをつぶすように打てるガットかと思いきや、腕への負担と打球感を重視された組み合わせを採用しています。

実際、彼女は爆裂ショットを連発しまくりますが、腕の怪我はあまり聞きません。
また、気持ちよくボールを打てる打球感に重きをおいている選手なのでしょう。

ハードヒットを気持ちよく、怪我なくヒットし続けたいテニスプレイヤーの方にとって、良い組み合わせになるのではないでしょうか。

まとめ

様々なプレイスタイルの世界トッププロと日本人選手の使用ガットを紹介しました。

憧れのトッププロと同じラケットで打ってみたい。

そう思われたことのある方、多いと思います。

是非、ラケットと同時にガットも揃えて、よりトッププロになったような気持ちでプレイして見るのも、趣きがあって楽しいのでは無いでしょうか。実際にプレイスタイルの似ているプロの真似をするのも、とても大切なことだと思います。

Tennis Windsでは、『テニス🎾に関わる全ての人々をより幸せに』の理念の元、発信を続けています。是非、他の記事にも遊びに来てみてください。

最後に今回紹介したプロ使用ガットを一覧にします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました