どのレベルに出たら良い?テニス、草トーに出場する上で知っておくべきこと!

コラム

こんにちは!テニスの魅力を日々お届け!Tennis Windsです。

今回は、

試合に出場したい!
でも何から出たら良いか、分からない!

そのような方向けの内容です。


自分の力を試したいですか?試したいですよね!


でも、公式戦ってレベルが高すぎてついていけないよ・・・。そんな方々のために用意されている素晴らしい試合制度!、

それが草トーナメントです。


試合したいけどどれに出ようか?そのような悩みを解決します。

草トーとは(普通の試合との違い)

草トーとは、草トーナメントの略称になります。

草トーナメントとは、とても幅広い言葉になりますが、プロや公式のテニス協会が主催している大会ではなく、スクールなどが主催している非公式の大会になります。


初心者から上級者まで一般テニスプレイヤーの腕試しの祭典と言えるでしょう。


草野球のテニス版という解釈で問題ないです。

レベル・階級

主催者が皆違うので、階級の名称、数はそれぞれ違いますが、


一般的に多く適用されている階級と、そのレベル目安を記載致します。

オープン

こちらは誰であっても出場できる無差別階級です。

一番出場者のレベル予測が難しい大会で、草トーでは一番上の位置付けになります。

レベルにばらつきはありますが、レベルが高い時は部活動で大会に出場している学生だったり、テニスコーチも普通に出場してきます。

賞金が付いたり、商品が豪華な大会ですと、全国大会経験者レベルや元プロが出場もしてくるので、とんでもないレベルになったりします。

逆に中級からの挑戦の人が多い時もあります。

上級・中上級・セミオープン

こちらのレベルは公式大会上位層や、元プロ、コーチはほとんど出場しない中での、オープン大会といった感じです。


なので、チートレベルに強い人やテニスを職業にしている人が出てくることはほぼ無く、それ以外の中での高いレベルの戦いとなります。


一般テニススクールの中上級クラスより、非常にレベルが高いことが多いので、混同されないよう注意してください。

中級

一番出場者ニーズの高いレベルかもしれないです。

様々なレベルの人と対戦して勝ったり負けたりするレベルになります。


優勝狙いの上級者や上を目指す初中級・中級者と幅広いニーズがあるレベルでしょう。

一番熾烈なのは、開催募集からすぐ満員一杯なので、そこの予約争奪戦な点かもです。(笑)

テニススクール中上級クラスの方、などにお勧めです。

部活動を本気でやられていた方や、JOPポイントを持っている方などはこれより上のレベルに出場しましょう。

初中級

ある程度試合経験ができて初級クラスでも勝てるようになったら是非挑戦です!


名前に中が付いているように中級レベルの人も出場していることも多いので、

より高いレベルを経験していくことができます。

優勝するような人はテニススクールで最高レベルのクラスに所属していたりします。

初級・ビギナー・初心者・超ビギナー

こちらは、テニススクール初中級クラスなどで、ある程度ラリーが続いてきたら是非挑戦してみて下さい!

初めてラケットを握る意味での初心者ではないのでご注意を。

ここからが挑戦の入り口です!

ただ、こちらもすぐ定員が一杯になるので、日程取りの争いの方が一番熾烈な階級かもしれません。

関連記事:たった1歩で!?テニス、レシーブを上達させるコツ!5つの対策をご紹介!

草トーナメントがお勧めな理由

試合数保証が多い

草トーナメントの良いところは何と言っても、最低〇〇試合以上保証!

など、普段の練習ではとてもできない量の試合時間・経験を楽しむことができるようになっています!


公式トーナメントは、負けたらそれで終わりですが、草トーは負けても次の試合が待っています。

注意点は、試合数保証と言えど、途中で天候が悪くてやむを得ない中止になってしまった場合などは、潔く諦めるざるを得ないこともあります。


公式大会ではないので代替日はほぼ無いです。こればかりはしょうがないですね。

公式大会より値段が安い

ポイントが付くような公式大会は、出場費が1万円したりすることもあります。

しかも、負ければおしまいなので、1試合で1万円ということもあります。


ただ、草トーナメントだと大体5000円前後が相場なので、仮に3試合保証であれば、1試合1,500程度でできます。

もっと安いところや試合数が多いところもたくさんあります。

自分でコートを取って、練習でシングルスするよりも下手したら安いことだって普通にあります。

草トーを頻繁に開催しているテニスクラブ

インスピリッツ テニス

こちらは、ほぼ毎日試合を開催している団体になります!

レベルもたくさん用意されている上に、値段もシングルスですと3,000円で最低3試合保証と、とてもリーズナブルです。

忙しい方でも日時がとても合わせやすいです!

ただ、土日の大会はすぐに埋まることが多いので、土日の申し込みは早めにした方が良さそうです。

平日は比較的申し込みしやすそうです。(2021年は熾烈な予約争い状況)

西原テニスクラブ

こちらは埼玉県上尾市で土日にほぼ毎週開催しているテニスクラブです。

立地も最寄駅の東大宮から徒歩10分と徒歩圏内で通える数少ない草トー会場だと思います。


ほとんどの会場は大体最寄り駅からバスに乗らないといけないことが多いです。

コンビニのようにふらっと寄る場所ではないので、立地が駅から遠いことが多いのです。

こちらはシングルスは2,900円で最高4試合と大変リーズナブルです。


しかもこの値段で、優勝者には景品まであります。

設備も綺麗で、駐車場も広いです。


日によっては中級クラスでも直近で空いていることもあります。お勧めです。




東京23区内では、トーナメントを開催できるほどのスペースが少なすぎるので、草トーは少ないです。しかしたまに開催しているクラブもあるので、要チェックです。

まとめ

正直、草トーに参加し始める方は最初、超初級クラスでも全然勝てなかったりすることがあります。


ただ、これは全く気にする必要はなくこの超初級クラスというのは、

『試合で勝ちに行く人たち』の中での超初級クラス

なのです。


つまり、普通のラリー、サーブ、ボレーは当然のようにできる人たちの中での戦いになるため、普段のスクールや練習の階級と同等では無いのです。


そのため、最初は負けて当然、負けを経験しながら反省を練習で生かし、そして次の試合に生かす。


この繰り返しで一歩一歩階級をかけ登っていきましょう!心より上達をお祈りいたします。


Tennis Windsでは、『テニス🎾に関わる全ての人々をより幸せに』の理念の元、発信を続けています。是非、他の記事にも遊びに来てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました