【驚愕!?】年収、経歴、フェデラーが達成した記録がいかにエゲツないか、数字で解説

プロテニス

こんにちは!テニスの魅力を日々お届け!Tennis Windsです。

『フェデラー半端ないって』
『名前は聞くが、凄さをよく知らない』
『プロテニスが好き!』

そのような方向けの記事です。テニス選手年収ランキングは、常にトップを走る
テニス界における様々な常識を覆したフェデラー伝説をご覧ください!
(1,2の項目は細かい計算式がありますので、ざっくりとご覧頂くくらいでも、問題ございません。)

1.グランドスラム20回優勝

とんでもない記録です。グランドスラムの本戦は、128人のトーナメント戦です。地球全体、世界各国全てから、最強の128人が集まります。
シードでも1回戦から戦わなくてはいけません。優勝するためには、7連勝が必要になります。彼はその7連勝を20回やってのけたのです。

グランドスラムは年間に4つしかありません。プロのキャリアは大体15年間のため、若い頃から出女王し続けても、60大会にしか出場できません。
そしてこの記録を達成する確率は、仮に1試合の勝率を50%と五分五分だった場合、

0.00000000000000000000000030075%です。

(計算式は複雑なため、割愛。目を疑い検算しました。)Σ(・□・;)

意味不明すぎ。天文学的な数字です。男子人類史上、最も優勝した選手は、このレベルなのです。

2.グランドスラム10大会連続決勝進出

先ほど、グランドスラムは128ドローとお伝えしました。決勝に進出するためには64ドローを勝ち抜かなくてはいけません。同じく、1試合の勝率を50%とした時の、この記録を達成できる確率は
1/64✖1/64✖1/64✖1/64✖1/64✖1/64✖1/64✖1/64✖1/64✖1/64

0.0000000000000086736%

です。
1つ目の項目よりも達成難易度が低いことが分かりました・・・。(いやでも無理・・・)
いや、本当にスーパー凄すぎるとんでも偉業であることがまた分かります。

3.ATPツアー大会決勝 24連続優勝

世界最高のATPツアーの決勝戦で24連勝するのは、どれだけ偉大なことなのでしょうか。
ATPトーナメントの本戦に出場できるのは、世界ランキングTOP100の選ばれし人間だけの世界です。

米国のマーケティング会社『スポーツ・マーケティング・サーベイ』によると、世界中のテニスの競技人口は1億1000万人(週に1度は本格的に練習する人の数)。
ATPツアーの決勝は、その中の決勝まで勝ち上がった最強の2人の戦い。

決勝戦で対戦するような相手だった場合、恐らくTOP20には入っている選手がほとんど
こんなTOP of TOPの相手に対して、24連続勝利する、神記録です。

ワールドカップで決勝5連勝でも達成するチームがいたら、歴代の神チームとして、残るでしょう。
フェデラーは、このような偉業を数々と個人で成し遂げてしまいました。

4.年収100億円超え

2020年スポーツ選手フォーブス長者番付で、世界1位を獲得しました。総額1億630万ドルです。
どれだけ、スポーツの成績が良くても、人柄、人気が共に最高レベルでないと、決して得ることができない莫大な年収です。

2,3,4位はサッカーのC・ロナウド、L・メッシ、ネイマール、日本人の誰もが知るような大スターです。この3人をも超えました。テニスでは、ノバク・ジョコビッチが23位で4460万ドル、ラファエル・ナダルが27位で4000万ドル。このBIG3の2人の金額を合計しても、フェデラーが上です。

彼はスポンサー収入だけで1億ドルあります。2位のC・ロナウドは4500万ドルで、倍以上のスポンサー収入があります。
彼がいかに世界的に人気で、影響力のある選手であることが分かります。

参考:Forbes 公式サイト

5.慈善活動実績

たった1年で、100億円を稼ぎ、一体20年間でどれだけの富を積み重ねたのか。そのようなお金を手に入れたら、贅沢三昧、タワーマンション購入!車も買って、女性を集めて・・・、そんな人生を一生遊んで暮らせます。

大成功を手に入れたスポーツ選手はその贅沢三昧に拍車がかかり、その後破産してしまう、なんてことも残念ながらあります。

しかし、フェデラーは違います。彼はフェデラー財団を設立し、知られているだけで、9つの慈善事業に従事しています。貧困に苦しむ若者を助ける活動や、ナダルを母国スイスに招待してチャリティーマッチを開きました。スペインでのナダルのテニスクラブ開設時も、ゲストとして参加されていました。

彼は、手に入れた莫大な富の使い方までも、伝説のプレイヤーなのです。

まとめ

いかがでしょうか。
今までの記録をぶっちぎりで抜き去った生ける伝説、フェデラー伝説を紹介致しました。
この選手は100年後も、1000年後も1万年後も、地球がある限り、一生語り継がれる伝説のプレイヤーであること、間違いなしです。

しかし、そんなフェデラーも20才前後では、試合中にラケットを投げたり、あまり素行の良い選手ではありませんでした。早熟タイプでは無かったのです。フェデラーが劇的に人として、テニスプレイヤーとして変わったのは、今の妻と結婚してからでした。

そんな妻を大切にする彼の姿も、旦那として、父として素晴らしい振る舞いです。(妻のミルカさんの献身的なサポートも本当に素晴らしいです。)

莫大な富と名声を手に入れた彼も、周りのサポートがあって、ここまで来れたのです。そして、彼はスピーチの度に、彼らに感謝の言葉を述べます。

今、自分が生きていること、友人、家族に感謝しつつ、フェデラーのような他人を思う日々を送っていきたいですね!

Tennis Windsでは、『テニス🎾に関わる全ての人々をより幸せに』の理念の元、発信を続けています。是非、他の記事にも遊びに来てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました