【全国版】女子・プロを輩出している、テニス超名門高校を一覧で紹介!!

コラム

こんにちは!テニスの魅力を日々お届け!Tennis Windsです。

『プロを目指している』
『娘のテニスを応援したい』
『テニスで進学・就職に有利な学校に行きたい』

そのような方向けの記事です。
テニスに力を入れたいけど、それだけだとリスクが大きい。。ありますよね。テニスが強く、進学実績もしっかりした高校を厳選して紹介します。
将来の目指すべき学校として、参考にして頂ければと思います。凄まじい実績を持つ OGも紹介します。

園田学園高校(兵庫・女子校)

兵庫県尼崎市に位置する中高一貫の女子校。大学には難関大特進クラスも設置され、スポーツ、勉強、と学生の個性を伸ばす教育に力を入れています。

大阪駅から十数分程度なので、関西圏の中でも立地が抜群の高校です。

建学の精神は『捨我精進(しゃがしょうじん)』相手の身になって誠実に行動する精神が受け継がれており、活躍できる女性を輩出しています。テニスのOGが豪華です。

伊達公子

・日本女子歴代最高成績保持者
・4大大会ベスト4
・世界ランキング4位達成

彼女自身、プロになってからも後輩指導のために、園田学園高校を訪れているようです。

浅越しのぶ

テニスを始めたのはなんと中学生からという、世界的に活躍した選手として異例の遅さ。
園田学園で過ごした日々が、どれだけ濃いテニス生活を送れたかを物語っていると思います。
・グランドスラム シングルスベスト8(ダブルスはベスト4)
・シングルス世界21位、ダブルス世界13位

湘南工科大学附属高校(神奈川・共学)

1961年に設立された神奈川が誇る日本屈指のテニス強豪校。男女共学で、男子テニス部も全国TOPクラス。

学校の理念は『夢を育てる、個性を伸ばす』。緑のグラウンドに囲まれた白い校舎に、近代的なテラス。スポーツ、学業、そして技術者、様々な個性を生かす教育方針で運営されています。

杉山愛

神奈川最強OGと言えば、この方、杉山愛選手。
現在はコメンテーターや、タレントなど、マルチに活躍されている伝説のテニスプレイヤー。
・世界ランキング シングルス8位 ダブルス1位。
・4大大会シングルスベスト8、ダブルス優勝。

穂積絵莉

・WTA世界ツアー ダブルス優勝
・全日本選手権優勝
・全仏オープンダブルス準優勝

富士見丘高校(東京・女子校)

東京都渋谷区の高校。

学校理念は『グローバル・コンピテンシーを育てる』。

英語教育に力を入れており、学業の偏差値も高いです。そして、スポーツの実績も抜群です。世界的に通用する人材教育に力を入れる、中高一貫の文武両道の進学校です。

輩出されたプロも凄まじい実績を誇っています。全日本チャンピオンが2人います。

小畑沙織

・全日本選手権優勝
・世界ランキング シングルス39
・グランドスラム3回戦進出

江口美沙

・全日本選手権優勝
・グランドスラム本戦出場

地球環境高等学校(通信制)

トップスポーツアスリート向けのカリキュラムも組まれた、通信制高校です。(他、カリキュラムも充実)高卒の資格を得ながら、プロを目指せる環境が整っています。

学校の考え方は『一人一人の個性が違うように、高校生活のスタイルも違っていい・・・

多種多様な生き方を支える、2002年に開校された新しい学校です。輩出されたスポーツ選手には、プロ野球、プロサッカー、そしてプロテニス選手がいます。

清水綾乃

・全日本選手権女子シングルス優勝
・世界ランキングTOP200入り

岡村恭香

・グランドスラム予選出場
・全日本ランキング7位

秀明八千代高校(千葉県・共学)

男女ともに、プロを輩出している千葉県のテニス名門・強豪校。

教育理念は『前へ前へ、高く高く、強く強く』周りは緑豊かな光景です。
「知的学習」「技の学習」「心の学習」知力、体力、豊かな心を育てる学習に力を入れています。

テニスにも戦略、体力、メンタルが試されます。この理念に通ずるでしょう。

美濃越舞

・世界ランキング シングルス255位

大成高校(東京都・共学)

読み方はオオナリではなく、タイセイ。東京都三鷹市にある、様々な路線からアクセス可能な、立地も抜群の学校。

1888年創設と非常に歴史の長い学校です。学校の名前に込められた言葉は『大器晩成』。
時代の変化に対応でき、活躍し続ける人材を育てる理念を掲げられています。

そんな大成高校もテニス強豪校です。
女子テニス部の合言葉は『チームワーク』と『元気!!』

小堀桃子

・日本ランキング6位
・世界ランキング226位
・全日本選手権 混合ダブルス優勝

まとめ

テニス、女子・プロアスリートを輩出している高校を紹介しました。

優秀な選手は、環境の整った学校を卒業されていましたね。

錦織圭や、大坂なおみは、小さい頃からアメリカで武者所業を積んでいました。が、しかし、全員がそのような海外一人暮らしが良いかと言うと、そうでは無いと思います。プロになるか、大学進学するか、フリーとして生きていくか、努力する学生アスリートに幅広い選択肢を持たせる、大切です。

各高校、それぞれ素晴らしき教育・制度が整えられています。通信制高校であれば、実際に校舎に足を運ばなくても、しっかり高校を卒業することだって可能です。

Tennis Windsでは、『テニス🎾に関わる全ての人々をより幸せに』の理念の元、発信を続けています。是非、他の記事にも遊びに来てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました