どんだけ受賞!?フェデラーの凄すぎる成績、人間力を徹底紹介!

プロテニス

こんにちは!テニスの魅力を日々お届け!Tennis Windsです。

『名前は聞くけど詳しくはない』
『フェデラー好き』
『テニス詳しくは無いけど、フェデラーってどれだけ凄いの?』
『フェデラーのファンです!!』

そのような方向けの記事です。気品、振舞い、知れば知るほど魅力が溢れる生ける伝説、ロジャー・フェデラー。その優雅なテニスはファンを魅了し、史上最高のテニスプレイヤーの呼び名も多い。

そんな彼の、実績、生活、考え方まで、一覧で徹底紹介致します!テニスをされていない方にとっても参考にになるでしょう!

プロフィール・実績

では、フェデラーのプロフィール、実績を見ていきます。

ロジャー・フェデラー

生年月日1981年8月8日
身長185cm
利き腕
国籍スイス🇨🇭
プレイスタイルアグレッシブベースライナー
4大大会成績優勝20回(全豪6回、全仏1回、全英8回、全米5回)
準優勝11回
単独成績ウィンブルドン決勝進出12
全米40連勝
全豪11年連続準決勝進出
決勝戦24連勝
グランドスラム10大会連続決勝進出

ウィンブルドンの成績が突出してます。彼が芝生の王者と言われるが所以です。プロテニスプレイヤーの現役期間はおおよそ15年程度です。彼は年間1大会しか行われない芝のウィンブルドンで12回決勝進出しています。

芝生のコートは球足が速いため、攻撃的な選手の方が有利に働くサーフェスです。フェデラーはサーブが強く、且つストロークは後ろに下がらずどんどん攻めていくスタイルのため、芝のコートとの相性が抜群なのです。

武器

この無類の強さを誇る彼は一体どんな特筆すべき武器を持っているのか。詳しく説明いたします。

サーブ

前述の通り、フェデラーはサーブの得意な選手です。他のビッグサーバーと同等に近い成績を残しており、BIG4の中でも群を抜いています。例えばサービスエース数の歴代記録を見てみると、

順位名前国籍身長エース数(本)
1位イボ・カルロビッチ*クロアチア🇭🇷21113,502
2位ジョン・イズナー*アメリカ🇺🇸20811,691
3位ロジャー・フェデラー*スイス🇨🇭18511,150
4位ゴラン・イバニセビッチクロアチア🇭🇷19310,131
5位フェリシアーノ・ロペス*スペイン🇪🇸1889,444
6位アンディ・ロディックアメリカ🇺🇸1889,068
7位ピート・サンプラスアメリカ🇺🇸1858,713
8位イバン・リュビチッチクロアチア🇭🇷1938,121
9位サム・クエリー*アメリカ🇺🇸1987,963
10位リシャール・クライチェクオランダ🇳🇱1967,648
*は現役選手

彼は他のショットも強すぎるため、オールラウンダーとして扱われますが、サーブだけで比較しても、ビッグサーバーと呼ばれる選手たちと同等レベルの成績です。
フェデラーのサーブがいかに凄いかの更なる詳しい記事は「フェデラーの様々な記録ランキング」で紹介しています。

フォアハンド

華麗な構えから繰り広げられる高速ショット、そしてコートを読ませないフォームの綺麗さ、コントロール性。良い意味で無慈悲なフォアハンドです。

他の選手は、フェデラーにフォアを打たせたら終わる、そう考えて、皆バックハンドにボールを打つようにしていました。(バックハンドも相当上手なのですが)

フェデラーが受賞した賞

フェデラーは、数々の賞を手に入れています。その中でも格別に凄すぎる賞をご紹介します。

ローレウス世界スポーツ賞

ローレウスはスポーツ慈善団体です。「スポーツの力で社会貢献を行う」というスローガンを元に組織された世界団体です。ここから表彰されることは、映画でいうアカデミー賞を獲得する程の価値があると言われています。

フェデラーは、年間最優秀選手賞と、年間最優秀復帰選手賞を受賞しています。

特に年間最優秀選手賞は、2005,2006,2007,2008,2018年と5回も受賞しており、その年で受賞したのはフェデラーただ1人です。復帰賞受賞は2018年だったため、2018年はダブル受賞した年でした。1スポーツ選手がこれだけ賞を得るのは異例中の異例です。

各国から与えられた賞

フェデラーはスポーツ大国と言われる各国のメディアからも多くの賞を受賞しました。

・レキップ チャンピオンオブ・チャンピオン賞🇫🇷
フランス全土に発行されている新聞、レキップ社が設立した賞です。

・BBC海外スポーツパーソナリティ賞🇬🇧
イギリス全土に放映権を持つBBCから与えられる栄誉。

・ESPY最優秀選手賞🇺🇸
アメリカのスポーツ専門局より与えられた特別な栄誉賞。

・ガゼッタ・デロ・スポルト スポーツマン賞🇮🇹
イタリアのスポーツ新聞社が設立した賞。

国境を飛び越えた様々な国から讃えられています。
他にも彼は、テニスの成績だけでなく、人柄、社会貢献、様々な所からも賞が与えられています。

名言

彼の参考になる考え方、名言を2つお伝えします。人生観や自分のテニスを見直すきっかけになれば幸いです。

“キャリアの最初の頃は、精神を1つ保つのは本当に苦労した。でも、今年以上に集中できている年はないよ”

フェデラーは年齢を重ねても成績がほとんど落ちない選手です。毎年、集中力、メンタルが成長している証でしょう。

“重要な人間になるのは素晴らしいことだが、素晴らしい人間になることの方が重要だと思うよ。”

フェデラーは、慈善団体を立ち上げたり、家族を大切にしたりと、人間力を高めることを常に意識しています。その姿勢が世界中から高い評価を受ける所以だと思います。

まとめ

いかがでしょうか。

世界中のテニスファンを魅了し続ける、生ける伝説、ロジャー・フェデラーを紹介致しました。選手として、人として、親として、スイス人として、どこから見ても世界のお手本となる生ける伝説だということがわかりました。

他にも様々な選手の人柄、生き様、価値観がわかるような記事がございますので、是非ご覧ください!

Tennis Windsでは、『テニス🎾に関わる全ての人々をより幸せに』の理念の元、発信を続けています。是非、他の記事にも遊びに来てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました