【人生に役立つ】10の名言・インタビュー、ノバク・ジョコビッチ

プロテニス

こんにちは!テニスの魅力を日々お届け!Tennis Windsです。

『成功者の名言を詳しく見たい』
『自分の人生の教訓を増やしたい』
『スポーツ・テニス上手くなりたい!』

そのような方向けの記事です。

男子テニス史上歴代最強のBIG3、その一角ノバク・ジョコビッチ。世界最高峰の大会マスターズ1000では、全ての大会で優勝するキャリア・ゴールデンマスターズを達成。

フェデラーとナダルの壁を超えられず、ずっと3位だった状況から、諦めない心と食事療法、チームワークで世界1位を達成。テニス史上生涯残る伝説のプレイヤーとなりました。

そんな彼の、人生に役立つ名言・インタビューを10個紹介します。

自身の試合に対する名言・インタビュー

最初はジョコビッチ自身への試合に対する考え方、インタビュー、名言を見ていきましょう。

僕は幸せな男だよ。自分がやりたい事で成功できたんだからね。でも一番幸せな事は、僕が愛する人々が、僕の事を愛してくれる人々が周りにいてくれるという事。
これは僕にとって一番大切な事だ。誰も1人でなんかいたくないさ。

ノバク・ジョコビッチ

いくらお金持ちになっても、富と名声を手に入れても、孤独では1人でいるのは、中々辛いものなのではないでしょうか。

例えば、仮に沢山の成功が無くとも、周りに一緒にテニスを楽しめる仲間がいる、幸せだと思います。

どのような状況でも、周りの人間関係が充実している、利害なく自分の味方になってくれる、なれる関係を作っていきたいです。

面白い事に僕はおじいちゃんととても仲が良いんだ。両親だと「おまえはこれをやるべきだ、やめるべきだ」っていうふうに言ってくるでしょ?でも祖父母にはなんでも言えるし、何でも出来る気がするんだよね。なによりサポートしてくれる。だからこういう関係が築けているのかも。

ノバク・ジョコビッチ

環境の大切さを教えてくれます。ただ、良い環境は必ずしも家庭とは限りません。

今は、ネット・SNSが発達して、人間関係の作り方も多種多様になりました。

自分の夢、やりたいことを心から応援してくれる、背中を押してくれる環境を自ら創り出せる時代です。

いつも状況に適応しようとしているんだ。

ノバク・ジョコビッチ

彼の強さは、ビッグサーブでも爆裂フォアハンドでもありません。

相手のナイスショットをどこにでもコントロールできる柔軟性が彼の最大の強みだと思います。

テニスに限らず、状況に適応できる人間は強いです。今の時代は、レールの上に敷かれた人生は、もうありません。

生き残れる人間は、変化に強い人間だと思います。

関連記事:【人生に役立つ】ラファエル・ナダルのインタビュー、名言10選!

どれほど優れていても、さらに学び、向上し、探究する余地はある。

ノバク・ジョコビッチ

常に自分に謙虚に、そして向上心を持ち続ける重要性を感じる名言です。

今日の自分が、昨日の自分よりより良い自分である。

それを続ければ、きっと素晴らしい人生を手に入れることができるでしょう。

BIG4に対する名言・インタビュー

自分のキャリアをかけあう、BIG4に対するジョコビッチの考えを見ます。

ベストを尽くすためだけにコートに出るのではなく、自分を信じて、勝てると信じる。それが大きな試合で、フェデラーやナダルに勝つ唯一の方法です。

ノバク・ジョコビッチ

ジョコビッチは接戦、劣勢からの勝率が非常に高い選手です。
ファイナルセット勝率は錦織圭に次ぐ、歴代2位を誇ります。
自分を信じる力の大切さを試合の中で有言実行しています。

ロジャー、ラファ、そして今はアンディがいる。僕達はお互いの事が好きだし尊敬し合っている。しかし、世間的な常識通り、僕達は親友にはなれないし、一緒に出掛けたりはできない。

ノバク・ジョコビッチ

彼らは、あくまでお互いでトーナメントで優勝カップを争うライバル、競合相手です。

会社でも個人でも、競合する相手とは、人間的に仲良くなることと、ビジネスでのやり取りは、話が変わるでしょう。

相手と自分の客観的人間関係を理解して、適切な行動ができる人間になりたいです。

ロジャー、ラファ、アンディ、そして僕。僕等はお互いに尊敬しあい、良き人間関係を築いている。時々、アンディやラファと食事をするけど、僕達がプロとして戦っている以上、本当の心からの友人にはなれない。でも、いつか僕達が引退した後には、お互いの家族も含めて、ビールを飲みながら僕達の歴史を語り合えることを楽しみにしているよ。

ノバク・ジョコビッチ

ライバル・競合も、戦いが終われば戦友として仲良くなれる、そんな関係も素敵だと思います。

関連記事:【人生に役立つ】ロジャー・フェデラーのインタビュー、名言10選!

人生の参考になる名言・インタビュー

テニスは仕事だよ

ノバク・ジョコビッチ

彼はこのセリフをいつ、最初に発信したと思いますか?
プロになってから?
いえ、違います。

小学生でテレビに出演した時に、あなたにとってテニスとは?と聞かれて、答えたセリフです。

公の場で、自分自身がプロになることを宣言したようなものです。
テレビという場で自分を発信できる大チャンスで、彼はアピールしました。

チャンスが現れた時、また次にチャンスが来るとは限らないです。
自分の意見を持って発信する大切さを感じます。

私の幼少期のセルビアは戦争中で、子供達には選択肢が無く、夢を諦めるを得ませんでした。しかし、何があっても私は世界一のプレイヤーになる。という夢の実現を諦めませんでした。

ノバク・ジョコビッチ

自分のやりたいことを決めたら、できない理由では無く、「どうやったらできるのか」と環境を含めて受け入れ考えて実行する。

これを可能思考と呼びます。

幸せな人生を継続するために、ジョコビッチのような可能思考を取り入れたいです。

あなたが最高の自分になりたいと願うなら、私が勧めることはこれしかない。まずは、食べ物を変えてみることから始めてみてはどうだろう

お金を稼ぐ、良い人間関係を作り出す、社会的に成功する、パートナーと良い関係を築き上げる、そのために何よりも大切なことは

「健康であり続ける」

ことだと思います。
健康は日々の食生活、充実した睡眠が特に大切です。

ジョコビッチはグルテンアレルギーを克服した食生活に変えることで、世界1位を達成しました。
体が何よりです。

まとめ

深い言葉ばかりで、どの言葉にも重みがありました。
私達も、それぞれの自分の得意な分野で楽しんで、そして結果が出る、そういった人生を共に歩みましょう!

Tennis Windsでは、『テニス🎾に関わる全ての人々をより幸せに』の理念の元、発信を続けています。是非、他の記事にも遊びに来てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました