ギャップ萌え!強面なのに超紳士なテニスプレイヤー、ツォンガの魅力を徹底解説!

プロテニス

こんにちは!テニスの魅力を日々お届け!Tennis Windsです。

『強面なのに超優しいというギャップがたまらん』
『爆発的ショットを持つ選手が知りたい!』
『カッコいいテニス選手最高!』
『私、ギャップのある人に惹かれる』

そのような方向けの記事です。そのような世界のトップテニスプレイヤー、実在します。その名はツォンガ。ジェントルマンの漢です。彼が何故人気のテニスプレイヤーなのか。この記事でよりプロテニスの事が詳しくなれます。

プロフィール 実績

では、彼のプロフィールと実績から紹介します。

ジョー・ウィルフリード・ツォンガ

生年月日1985年4月17日
身長188cm
利き腕
国籍フランス🇫🇷
プレイスタイルアグレッシブベースライナー
2008年全豪オープン 準優勝(これが彼のATPツアー初の決勝進出)
パリマスターズ1000 優勝(が自国の大会のマスターズ1000)
2009年楽天ジャパンオープン500 優勝
2011年ATPツアーファイナル準優勝
2014年トロントマスターズ1000 優勝
ツアー優勝回数18回
グランドスラムベスト8以上 15回
10年連続年間世界ランキングTOP15でフィニッシュ
世界ランキング最高5位

全豪オープン2008年では、当時世界2位のナダルを6-2 6-3 6-2の大差で破り、決勝進出を果たしました。これにより一躍脚光を浴びました。

この後長年に渡り世界TOP10に君臨し続ける強豪選手となりました。

パワフルテニス・パフォーマンス

彼のテニスはアグレッシブベースライナー!攻めが基本です。

フォアハンド

彼はバックハンドをやや苦手としている選手で、極端にフォアに回り込むプレイスタイルです。ここから繰り出されるフォアハンド逆クロスがとにかくエグい!

回り込むと逆サイドがガラ空きになるので、リスクが増すので、本来は多発するものではないと思います。しかし、彼はもう御構い無しです。

パワフルショットをサイドスピンをかけて打つのですから、対戦相手はコントロールする余裕がありません!そして返ってきたチャンスボールをぶっ叩く。これがツォンガ選手の常勝パターンです。

関連記事:最速サーブを手にするには!?4つのコツ、トレーニング法を紹介!

強烈サーブ

彼のパワフルフォアを発揮するのに役立っているのが、彼の強烈なサーブです。自己最高スピードは237km/hも。240km/hを超える選手たちは、皆超歴代のビッグサーバーの面々ばかりなので、サーブもパワフルです。いや、しかし対戦相手もよく反応できますよね・・・。

試合勝利後のパフォーマンス

ツォンガは唯一無二の勝利後のパフォーマンスがあります。それは写真の

このような形で回りながら飛び跳ねて喜びを表すのです。試合中も試合後もパワフルな選手で、本当に見ていて楽しいです。

ジェントルマン

今までの写真を見て、ツォンガ選手、中々強面の部類に入るお方だと思っています。しかし、ここに彼のギャップ萌えがあります。

それは、ボールボーイへの体調ケア、気遣いの行動が早い!

ボールガールの体調不良に1番に行動した

これはテニス界でも大々的にニュースとして取り上げられました。全豪オープンの試合中、後ろのボールボーイが体調悪そうにしていました。

1月に開催される、南半球の大会なので、日本でいうと7月です。そう、真夏で気温30度超えも普通な時期なのです。選手も凄すぎますが、ボールボーイたちも、同じような過酷な環境の中(審判や線審も同じ状況)で精神を研ぎ澄ませて、走り続けているのです。

彼らも選手と同じくらい尊敬すべき努力をしています。

私生活

彼は子供が大好きで、テニスツアーが中止になっている時期でも自分の子供と楽しそうな場面を写してくれています。

世界的大恐慌が起きている中でも、彼は子供と一緒に音楽を楽しんでいる映像を発信しています。心が荒やすい世の中でも、彼は笑顔を絶やさない生活を見せてくれています。

また、奥様は一般人の方で、彼の試合スケジュールや身の回りなど、献身的なサポートをしてくれています。

周りからの信頼

ツォンガのこれらの魅力は、周りにも大きな影響を与えています。

世界トップレベルの仲間入りを果たしたオーストラリアの若手ポピリンは、

ツォンガは僕の子供時代からのヒーローだ。彼が決勝進出を果たした時、僕は居間で飛んだり跳ねたりしながら、大興奮で彼のことを見ていたんだ。

憧れのヒーローと戦い、そしてツォンガの棄権で勝利が確定した時の労いのコメントでした。

日本でも大人気、ニック・キリオスからも

彼は、子供だった頃から憧れで、尊敬していた選手です。今も一緒だ。僕の中に存在する人で、自分のことを一番冷静な人間だと思って欲しい人なんです。

キリオスにとっても憧れの存在であることが分かります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ギャップ萌という言葉は、この男のためにあるのではないか。人気の高いテニスプレイヤーです。テニスもパワフルで面白い!

こんなパワフルで、紳士的な男。彼の試合も今後、応援してみてはいかがでしょうか!

Tennis Windsでは、『テニス🎾に関わる全ての人々をより幸せに』の理念の元、発信を続けています。是非、他の記事にも遊びに来てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました